バター

2001年7月8日 日曜日

 本屋に行きました。
 
と、いかにも日記的な出だしではじまる本日の日誌なんですが、僕は本屋が非常に好きなのである。 どのくらい好きかというと、カレーライスと同じくらい好きなので、こりゃ相当だ。

 ちょっと今更っぽいですが、まだまだ話題の本として「チーズはどこへ消えた?」という本があります。アメリカではここ最近、カウンセラーにかかったりするよりも、この手の本を読んでセルフ癒しするのが流行っているようです。この本は、チーズやネズミなどを社会の隠喩として使い、寓話形式に仕立て上げた教訓的な大人向け物語、と言ったところなのかな。
 さてそれよりも気になるのは、その隣りに平積みされている「バターはどこへ溶けた?」という本。
 確信的パロディにしてもやりすぎ。装丁から題字フォントや配置、値段に至るまで同じだ。訴えられても、知ーらないっと。
 しかしさらには、「チーズはここにあった!」という本まで出版された。ここまで来るともう完全にギャグである。

 
この「のの式」は、その「チーズはここにあった!」的な企画だなぁという話。
(でも超本気)

広告


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (まだ評価されていません)
Loading...

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter