緊急更新

2001年10月1日 月曜日

 米国の攻撃開始が近づいているようである。
「米英両軍は48時間以内に攻撃を開始する」と、具体的に攻撃開始日時を明かしたという報道もある。

 ラムズフェルド米国防長官の談話。「米国が行動を起こす時がまもなくやって来る。米軍はその時米国人に誇りを与えてくれる」
 敗戦後60年、ずっと軍事アレルギーに侵されている日本人の感覚では理解しがたいが、これが今も昔も変わらぬアメリカの軍事的スタンスである。今が特殊な状態だから、ではない。これが普通。
 この解りやすい高揚は、僕にはある種羨ましくすら見える。
 ここには「誇りを与えてくれる」ものなど存在しないので、自分で探さなくてはならない。

広告

 作戦目標は「ラディンの排除と同武装勢力の掃討」だそうである。
 3日前の日記では理由を書かなかったが、米国はオサマ・ビン・ラディンを殺してはいけない。  もう一度言おう。 殺してはいけない。

 殺してしまえば、ラディンは永遠の命を手に入れてしまうからだ。

 これを説明する代わりに、次の問題を考えてみて欲しい。
 キリスト教が地球上で最も巨大な宗教であるのは何故か。

 それは、ナザレのイエスが処刑されて死んだから。

 殉教者は常に英雄視され、伝説となる。
 尾崎しかりカートしかり小龍しかり。ポップスターでさえ伝説化するのだ。いわんや、殉教者をや。
 
 米国はオサマ・ビン・ラディンを殺してはいけない。それは民主主義の未来にとってあまりにも危険だ。

===========
地下鉄サリン事件において、松本ちづおを生け捕りに出来て本当に良かったと思います。


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (まだ評価されていません)
Loading...

コメント / トラックバック 1 件

  1. tabineko Says:

    Browsing: "九十九式: 隠しサイトのすすめ" http://tinyurl.com/5oytsw

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter