Eagle fly free

2002年6月25日 火曜日

 独逸勝った!やっと得点が入った時、僕は素直に快哉をあげた。 試合もフェアプレーで順当な結果に終わり、実況をのぞけば実に楽しかった。
 カーンは超人だね、ありゃ。しかし味方が点入れた時も自分がセーブした時も、とにかく激しく吼えてる。吼える以外の感情表現はないのだろうか。喜びの咆哮、怒りの咆哮、哀しみの咆哮。

 中継に関しては、また韓国べったりの気持ち悪い実況を聞かされることとなったわけですが、明石家さんまの存在に随分救われた気がします。先週の「W杯ディスウィーク」でも、前半の韓国リプレイは遅刻(ボイコット?)して来て、やっと赤い服で表われたと思ったらそれがイングランドユニフォームだったりと、自分の主張をそれとなく発信し続けてきた彼です。
 今日は、旧西ドイツのユニフォームで現れました。その後も、韓国スタジアムの松岡修三(馬鹿A)が「私、ここに来て、人々の熱気が作り出す風というのをですね、感じました!」とか眠いコメントを吐いているのに対して、腹を抱えて嘲笑したり、「韓国?行くわけないじゃないですか」とあっさり言ってしまったりと大活躍。
 彼は、サッカー好きの個人と、お笑い芸人としての立場と、両方をきちんと貫いたわけだ。さんまが見せたような個人主義も、時には必要なのではないだろうか。ちょっとでも韓国に都合の悪い報道があると総連や民団から矢のような抗議が来るのも、「抗議をすれば必ず通る」と解っているからの事だろうし。

広告

 僕が試合の行方と同様、注目していたのが「国立のPVでドイツの応援をしよう!」というネット発の運動の行方でした。
 おそらくこれを企画した公明党にすれば、スタジアムは真っ赤に染まる予定で、その映像をTV局は「日本も応援しています!」と流すつもりだったのだろう。しかし国立の映像中継はほんの一瞬しか映らなかった事を考えると、そう上手くは行かなかったのだろう。つまり、2chの運動が成功したのだろうか。

だがこんな記事が書かれている。
「日韓共催、アジアの力だ」=両国サポーターが国境超えた応援-国立競技場
■「隣人」の熱い戦いに日本でも赤い応援の輪
「赤い応援」って。やだなぁ。

逆に韓国マスコミの方が事実を報道するという、全く皮肉な結果。
日本がドイツ応援と批判 韓国マスコミ

==========
W杯 今日の言葉
さんま発言集
「ワールドカップの歴史が守られた」
「私の応援していた国を次々となぎ倒して、エライ迷惑だったんですけどもね。
 昔韓国人の友人がいたんですが、そいつにいつも迷惑かけられていたことを思い出しました。」
「いろいろと、おもうことがあるんです真のサッカーファンとしてね・・・」
「えらい邪魔でしたよー」


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (まだ評価されていません)
Loading...

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter