朝ニッキ

2003年5月20日 火曜日

 最近、早く寝て早く起きている。どうやら三日坊主にならずに続いてるようだ。

 今まで「外から帰って最初にする行為はPCの電源を入れる」だったんだけど、すると寝るのは明け方になってしまう。これじゃいかんと思ったぼくは、仕事を始めたのと同時に一念発起し、早寝早起き生活を開始したというわけだ。PCの電源は、朝に入れる。考えてみれば、夜寝る前にやるのと朝起きてからやるのと、実質的には同じである。睡眠時間も同じ。ただ、時間を前倒ししたに過ぎない。

 しかし、たったそれだけのことなのに驚くほどのメリットがあった。思えば今までの生活には、昼と夜しか無かったが、朝の時間が使えるようになって、感覚の上での一日が長くなった。起きてる時間が同じなのに長く感じるのは不思議だけど、夜は頭がぼんやりしているから、夜更かししても時間の割に早く感じてしまうからなのだろうか。「え、もう3時?」みたいな。
 その他にも、数え上げればキリがない。早起きするようになって、食欲が出てきた。顔色が良くなった。寝つきが良くなった。目覚めも良くなった。昼間眠くならなくなった。ギャンブルで買った。宝くじが当たり、ギャルをゲット。外車もゲット。宇宙パワー!

 試験的に更新も朝おこなうようにしてみた。早起きと言っても、4時や5時に起きているわけじゃないから、更新に割ける時間はせいぜいが30~40分だ。この制限時間だと、じっくり構想を練ることはできないし、腰を据えた論考には適さない。推敲する時間も考えると実質20分くらいか。

 でも、今までだって実質的にはそのくらいだったはずなのだ。ただ、着想が得られなかったら「ネタを探そう」、展開に詰まったら「気分を変えよう」、書き終わったら「後で読みなおそう」と、ずるずるとネット海に沈んで行った結果が、「え、もう3時?」だったのだ。朝の更新は、そういうある種のムダや逃避を許さない。そこがいい。

広告


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (まだ評価されていません)
Loading...

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter