テキコン第二部

2003年6月12日 木曜日

 偶数月は精力的に更新するサイト九十九式へようこそ。猫より犬が好き! 宮本です。

 さてテキスト界の暗部ってのもずいぶんと俗情との結託というか、2ちゃん系“ナフ周辺”的イメージ?というかそれもどうなんだろうという感じではあるが、真の暗部ってのは「くぼうち原稿料ピンハネ論争」とかそういう部分なのだろうと思いました。格好悪ィなぁ。

広告

 もしも九十九式が「最近つまらない」と感じる人がいたとしても、驚くにはあたらない。
だってそりゃそうだ。寝食を忘れ、学校へ行かず仕事もせず、酒も女も賭け事もゲームも断ち、時間と情熱の限りをテキストサイトに注いでいたあの頃と、質、量共に低下した最近の状況とが同じであろうはずもない。「どんなにつまらない技術でも、それに卓越しようと思ったら他の全てを犠牲にして一生を捧げるしかない」テラヤマアニのだ。

 むしろ「最近面白い」と言われても社交辞令っぽいし、「いつも読んでます」ってのもウソ臭い。かといって真似して「つまらない」と言われたらそれはそれで殴ってやるけど、まぁ簡単に言うと、最近の状況はどーでもいいってことですよ。

 そういった意味で、酔っていたとは言え、シノハラさんてのは実社会ではありえないほど誠実な人なんだなぁ、と考えていたのだが、奇啓示の6/10等を見てみてなんとなく納得。テキコンとは、『つまらないと感じたものに対して「つまらない」と発言すること』を大義とするものであったのか。挨拶がわりに「つまらない」とかね。つまらん。
 初対面だし、聞こえなかったフリをして流してやったものを、何故わざわざ絵に描いてまでアピールしてるのか、良くわからない。面倒くさいからやめて欲しい。

 テキコンイベントはテキコンを見ていなかったのでつまらなかったです。テキコンは読んでいなかったのでつまらないです。オレンジスターは閉鎖してつまらないです。風邪を引いたようで熱っぽいのでつまらないです。雨が降ってるのでつまらないです。学校も家もつまらないです。とにかくもう、行儀良く真面目なんてうんざりなんだ。九十九式はつまらないインターネットです。


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (まだ評価されていません)
Loading...

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter