時空自在に言い換える

2003年8月27日 水曜日

 こんばんは。ボンジュール宮本です。夜でもボンジュール宮本です。趣味は九十九式運営です。
 しかし「趣味が日記」ってのはちょっと、いやかなりキモいよね。本当に日記が好きな人ともなると、「日記を書いているだけで楽しい」という境地に達するらしい。僕はまだ、そこまでの悟りは開いていない。

 あ、違う違う。左のインフォメーションでも書いてるとおり、ここはWeblog、通称Blogだったのでした。九十九式はマイクロソフト公認のブロッグです。よろしく。


 僧侶が女性連れ込み逮捕 修行の後にナンパ
 このニュース見出しを見てどのように思われただろうか。
僕は、映画『ファンシイダンス』のように、竹中直人やモッくん的な坊主が、街で明るくナンパをしている図を想像した。ハハハ、修行の後にナンパか。ズラかぶってたのかなぁ?
 しかし実際に記事を読んでみると、

 堺市内で歩いていたアルバイト女性(18)を無理やり車に連れ込み、近くの駐車場に移動した車内で手錠をかけて暴行した疑い。
 両容疑者は5月30日、大阪市住吉区で、盗んだナンバープレートを付けた車に女性(15)を乗せていたところを住吉署に窃盗容疑で逮捕された。さらに、4月に住吉区内で帰宅中の女性をナイフで脅して2000円入りバッグを奪ったなどとして強盗容疑などで逮捕、起訴されていた。

 と、とんでもない行状が記されている。どこがナンパだ。多分、というか僕の言語感覚では間違いなく、車で拉致して手錠をかけてはたらく暴行のことを「ナンパ」ではなくレイプというはず。
 さらにナイフで脅して2千円かよ……。

 未成年への性犯罪はしばしば「いたずら」と言い換えられるが、レイプをナンパと言い換える例は、はじめて見た気がする。

 こうした不誠実な言い換えは、現代社会に実に跋扈している。
 例えば、空襲を空爆と言い換えたり、売春を援助と言い換えたり、連合国を国連と言い換えたり、侵略を進出と書き換えたと虚報したり、大量破壊兵器ではなく独裁体制の打倒だとすり替えたり、朝鮮語をハングル語と言い換えたり、ブスを個性的と言ったりブサイクをいい人と言ったりと、枚挙に暇が無い。こうした無意味で空疎な言葉遊びはすべて不貞の輩がなすものであり、日本語を、ひいては日本文化、いや日本人の精神の根底を破壊せんとする反社会的行為である。

 で、九十九式は日記ではなくブロッグなのである。らしいよ。

広告


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (まだ評価されていません)
Loading...

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter