南京大虐殺まんがのまとめ

2004年10月5日 火曜日

大反響(笑)! 巨匠がコラる抱腹絶倒大ぎゃくさつマンガ!

第42回『南京大虐殺』を受けて……。

ヤンジャンが燃える

地獄と化した南京の街…。民が受けた傷は何千年の怨みと化すのだろうか…。

このコラはフィクションです。実在の人物・団体・事件とは一切関係ありません

 いきなりの大画像ですいません。こんばんは、宮本ゆう志ろうです。さてこのマンガコラの元ネタは、本宮ひろしがヤングジャンプで連載している『国が燃える』という近代史マンガであります。その作品で、本宮先生は“南京大虐殺”を丸々1週分使って創作マンガ化する(→キャプ画)という男一匹ガキ大将ぶりを見せて、読者の度肝を抜いたのです。

★日本を描く!!日本人を描く!!本宮ひろ志先生にお便りを!!

 とぶち上げている本宮先生、今週も「大アジアの敵」「日本という狂犬」「中国は決して屈しない」と飛ばしまくった。案の定ネット上でも枯れ草に火を放ったような反応と抗議が巻き起こり、このままいくと作家サイドなり集英社なりが何らかの対応をとらなくてはいけない状況になるかもしれません。思わず拙者も、初めてのマンガコラをやってみました。(元画像はこちら

 それにしても、セリフ切り貼りしてて思ったんだけど、これって青年誌なのにぜんぶのかんじにルビ(ふりがな)がふってあるのな。対象年齢いくつだよ。“巨匠が描く戦争の真実!”とか“日本を描く!”とか大見得を切りつつ、1P目には「この作品はフィクションです。実在の人物・団体・事件とは一切関係ありません」の逃げ口上が書いてあってへにゃへにゃ……。というかここまで好き放題描いといて「フィクションでーす」で逃げられると思っているのだろうか。

(10/14追記:つづきはこちら

 ところで、いわゆる“南京大虐殺”議論がどういうものなのか。専門書を読むほどの興味もないし、専門サイトはちょっとヘヴィーすぎる……。そんな人のために、軽くまとめてみました。ちなみに拙者は、「いわゆる南京虐殺は虚構」というスタンスです。

南京大虐殺のまとめ

・南京の人口

当時、南京の人口は20万人程度だった。ところが日本軍の南京入場後は治安が回復され、人口が25~35万人程度まで増えたとされる。たとえ100人、1,000人規模でも、非戦闘員虐殺の事実があれば人口が増えることはありえない。というか、占領民に反感を抱かれないことが占領政策の最重要点なのに、入場と同時に大殺戮って……。

・当時の国際報道

南京には当時日本の文化人をはじめ、各国のジャーナリストもいた。それなのに、特に反日報道を繰り返していた敵国である米英の新聞でさえ、大虐殺の記述など一行もなかった。蒋介石が国際連盟で“日本軍の悪行”をあることないこと報告しまくった中にも、南京で虐殺があったことには全く触れていない。南京大虐殺という話が作られるのは、実に15年後、東京裁判のときのことである

・アメリカの思惑

するとこれはきわめて政治的な問題だということがわかる。東京裁判当時、日本を裁くために、アメリカは、自国が犯した非人道的な無差別大量殺戮である東京大空襲(10万人)や広島大虐殺(13万人)、長崎大虐殺(7万人)と釣り合うような罪が必要だったのだ。

・中国の思惑

中国は、この捏造事件を言い立てることによって、被害者権力を振りかざして日本より強い立場に立つことができるし、世界的にはチベットで行われている虐殺と民族浄化のカモフラージュになる。また、外敵を設定することによって、国内の不満や権力者への敵意をそらすことも出来る。

・残虐超人ラーメンマン

赤ん坊を放り投げて銃剣で突き刺す、煮て食う類の“日本鬼子”的エピソードには違和感が残る。もし万が一、皇軍兵士が民間人を殺害したとしても、いったい、人間がいかなる残虐性を発揮したらそこまで出来るのか。思いつかない。しかし革命による前王朝抹消や歴史改ざん、人肉食を文化的に行ってきた支那人にとっては、あれらの残虐行為は普通にイマジネーションの範囲内なのだ。実際、ああした惨殺行為の描写は、通州虐殺事件において、支那人が日本人に対して実際に行っている。

参考になる資料

・書籍

渡辺昇一の昭和史

日本に「戦争責任」なし

「南京虐殺」の徹底検証

1937南京攻略戦の真実

・ネット

南京関連資料の検証記事

南京大虐殺はウソだ!

南京虐殺に関する保守派の見解

中国人の中にもこのような見方をする人がいる

支那人が避けて通る恥部 ── 通州事件

東京大空襲

アメリカ人への手紙

・ニュース

ニュース議論・本宮ひろしが燃える

探偵ファイル

広告


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (1 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)
Loading...

コメント / トラックバック 27 件

  1. 匿名 Says:

    まぁ、本宮ひろしは木梨則武の番組に出た際に歴史物を書く
    時には物語を考えてそれ沿った都合の良い資料を集めて書くと公言していましたからね
    事実検証なんて全くやってないでしょう。
    フィクションと書いてあるのは言い得て妙な記述ではないかと

  2. 匿名 Says:

    南京市の人口は平時100万。南京事件は当時ニューヨークタイムズなどの海外メディアですでに報道されている。ハイおつかれ(笑)

  3. 宮本 Says:

    そういう解釈は成り立つと思います。おっしゃるとおり呼び方の問題が大きく、ゲリラの掃討は「虐殺」とは言わないのではないかと思います。するとこれは「虐殺」でも「屠殺」でも、「事件」ですらないのではないでしょうか。

  4. 匿名 Says:

    だからアホはいつまで経ってもアホなんだよな。
    南京市の人口は平時100万。そのうち約半数が日本軍を恐れて他の地域へ避難している。残り半数のうち20~25万人が南京城内にある安全区に身を寄せた。安全区委員のいう20~25万というのはこの数値だよ。しかし安全区外にはなお20~30万人が身を潜めていた。さらに国民党軍が南京周辺に数万人いた。そして南京事件の主な現場は安全区外なんだよ。安全区の避難民が20万だったから南京市の人口が20万だなんて、東京ドームに5万人しかいないから東京都の人口が5万って言うようなもんだ。アホすぎ。

  5. 匿名 Says:


    おい、このURL見れないぞ。こっちの方が確実だ。
    http://www5b.biglobe.ne.jp/~nankin/page016.html
    これを見ればわかるが、当時南京市の人口が100万人というのは1936年までの調査であり、37年夏以降の疎開により、11月には50万以下まで減っている。しかも当時南京市を疎開する者は一日に1000人に達しており、12月の段階で、安全区に20万人の市民がいたことをラーべの日記に記述されている。
    国際委員会の当初の結論は、陥落時に市民のほぼ全体を安全区に収容し、その数は約20万人であるというものである。後に、この見解は修正され20万?25万人(スマイス調査)となった。厳密にいうと、陥落後に流入した便衣兵の存在による人口増加や、同じく便衣兵狩りによる減少。若干は城外からの流入もあったので、陥落時点の正確な人口は不明ということであり、最大で25万人を安全区に収容したというのが最終的な国際委員会の見解ということになる。

  6. 匿名 Says:

    ↑のお人よ。
    ソース下さい
    平時100万?どこの書籍の物ですか?それかどこのサイトを見たのですか?教えてください
    あと当時のニューヨークタイムズに書いてあったというのですが、それは実際の新聞をご覧になったということですか?できればその新聞も提示して頂けると納得もいきやすいのですが。

  7. 匿名 Says:

    ↑のお人です。ネットで検索すればごろごろ出てきまふよ。とりあえずこれとか?
    http://www5.tok2.com/home/JOHNVOID/times1.html

  8. 宮本 Says:

    (フォームから)
    1937年に中国が発行した南京の地図:東西5キロ、南の中華門から最北のゆう江門まで約11キロ
    総面積は城外の下関まで加えて約40平方キロ。鎌倉市が39.53キロゆえこれとほぼ同じ広さ。
    国際安全委員会の帝国軍当ての要求文:難民の総人口は20万人
    ドイツ・フランクフルター紙の特派員、リリー・アベック女史:漸(ようや)く、15万人を数ふる小都市
    米ライフ紙:15万人の南京市民が避難した安全区
    張群思少佐:南京衛戊軍の兵力数5万、非戦闘員10万
    劉啓雄少将:「概(おおむ)ね20万
    松井大将:避難区ニ収容セラレアル支那人ハ概シテ細民層ニ属スルモノナルモ、其数十二万余
    ロヴィン弁護士:南京ニ於(おい)テ殺害サレタ数ハ30万トナッテ居(お)リマスガ、私ノ承知シテ居(い)ル範囲ニ於キマシテハ南京ノ人口ハ20万デアリマス

    ナニが百万だ

  9. 匿名 Says:

    (フォームから)
    1000~1万人規模の小規模民間人「殺害」はあったが「虐殺」と呼ぶかは呼び方の問題というスタンスから

    >たとえ100人、1,000人規模でも、非戦闘員虐殺の事実があれば人口が増えることはありえない。

    ここが、納得できません。初期には民間人のふりをしたゲリラを抹殺するため、本物の民間人をも局所的に殺害したことがあったが、その後ゲリラ的攻撃がなくなり、もはや民間人を殺すこともなくなったので、人口が増えたという解釈は成り立ちませんか?

    もちろん、20万30万規模の「虐殺」があったという中国の主張が「捏造」なのはその通りですが、南京の規模の都市で民間人が一人も殺されなかったとか、殺されても2ケタだということの方が「虚構」くさいです。

  10. 宮本 Says:

    この投稿はブログの管理者によって削除されました。

  11. 匿名 Says:

    >そして南京事件の主な現場は安全区外なんだよ。
    まあそういうことにしておかないとつじつまの合わせようがないよな。
    杜撰な嘘のフォローっていうのは大変だな。

  12. 匿名 Says:

    最初から安全区外の蛮行が問題になってるんだよ、バカ(笑)

  13. 匿名 Says:

    ところで、支那人30万人も虐殺するのに必要な、弾薬、燃料、その他諸々の費用がどれくらいかかると思う?(笑

  14. 匿名 Says:

    I am learning Japanese right now so I can read your stuff.

    That is really disturbing. Japanese are liars! My Grandpa was a diplomatic agent of Italy in China in that time and he told us he saw how Japanese military killed Chinese citizens and raped Chinese women. And the whole 300 thousand massacre was real.

  15. 匿名 Says:

    完全に出遅れですが、結局のところ、30万の死体は何処行ったの?30万の死体が出たなら、当時疫病は流行らなかったの?中国の博物館に飾られてる2,3体の白骨も、どうして白骨が生前、市民であったか便衣兵であったかを区別したの?また、どうやって白骨から、犯人が日本兵であると特定したの?中国兵は撤退する時、略奪と殺害を繰り返してましたが?
    アイリスチャンの本に出てくる殺害の手口が、中国人によるチベット人、日本人、台湾人の虐殺手口と一貫して似ている事に、最近気付いたんだけど。
    あと、初歩的なことですが、何で年々犠牲者の数が増えるんでしょうか?最近50万突破したっけ?

    Study history.Doubt it.Collect all data.And analyze it.Don’t decide only by feelings.
    You are not examining it by yourself,are it?
    I think that you are a liar,too. Because,you don’t effort to examine.
    Ignorance is a crime.
    Examines and the discussion is important.

  16. 匿名 Says:

    Fuck!
    I hate Japanese!!!!

  17. I hate Japanese Says:

    japanese,go to hell!

  18. I hate Japanese Says:

    I am a Chinese ,
    My Grandpa told me ,
    His father was killed by japanese in 1937……
    Remember the history.
    日本人は悪魔で、日本人は野獣だ!!!!

  19. 匿名 Says:

    自分が著作権侵害しているなら世話ないね。

  20. Angelhearts Says:

    嘘つき!!!日本人は バカバカ!!!死ね!!!死ね!!!

  21. 匿名 Says:

    ↑のようなコメントは却下。もっと納得させるコメントお願いしますね。
    犠牲者の数が増えるなんて馬鹿な事無いでしょ?それとも馬鹿だからそんな事するんでしょうかね?

  22. 匿名 Says:

    私は南京人で、大虐殺はかつて確かに存在したことがあるが、しかし私達はこのように再度代わってこの事のため衝突が発生することができない.私達は日本の若い人がただこの事を知っていることができるだけであることを望む.日本の政府はドイツのようなことができ、正しく歴史に対応する.

  23. 匿名 Says:

    >しかし安全区外にはなお20~30万人が身を潜めていた。さらに国民党軍が南京周辺に数万人いた。そして南京事件の主な現場は安全区外なんだよ。

    2.30万人いたという根拠が無いのですが、いたとしても、やはり虐殺の対象は30万人以下、
    計算が合わないというおかしさは残ってしまいますぅ

  24. 匿名 Says:

    見てごらん・・・
    http://www.geocities.jp/torikai007/japanchina/1937.html

  25. 匿名 Says:

     「民間人が便衣兵として誤って殺されたのもある」 という人をよく見かけます。考えてみれば戦争で人が死なない訳がない。それがシビリアンか否かは問題ではなく、間違いなく不特定多数の命が犠牲になるでしょう。
     だいたい便衣兵のゲリラ戦を対抗手段として中国軍はとっていたのは事実なのだから、その少数(数は未確定ってことで)責任を日本だけに付するのはおかしいと思いませんか。すくなくとも明確な故意をもっての日本軍の虐殺は自分、ないと思ってます。

  26. 匿名 Says:

    日本国内の資料だけで日本らしい結論しかだせないよ。20万であろうか、1万であろうかで言い争っては意味がないよ。もっとその虐殺の手口や、当時の日本国内の新聞紙や、欧米の記者の当時の記事や写真を見て、自分の頭で考えてみれば・・・現代の日本人なら考えても理解できないでしょうが、事実は歴史上でいつまでも事実です。

  27. 匿名 Says:

    そんなに日本=完全悪、中国=完全善と言い張るなら本宮ひろ志やヤングジャンプが土下座すればいいじゃないですか。日本や日本人全体をシナの奴隷扱いしないでほしいですね。一個人として当然反発します。朝日新聞関係者の本多勝一の「中国の旅」や外国人のアイリス・チャンの「レイプ・オブ・ナンキン」などと大差ありません。当時の外国人資料でもパル判決書やドイツ外交官が事件の研究者ローゼン博士にあてた文書など大虐殺に懐疑的なものが多数あります。自己中な中華思想や歴史的事実を押し付けてくるあの国の資料など信用できませんし、報道当時朝日新聞以外受け入れなかったという有様です。日本人から自分の頭で考えることを放棄させるつもりですか。
    南京大虐殺という言葉は国民党のプロバカンダでそれを中国の旅などの反日メディアが始めに言い出したのを日教組などの自虐史観教育団体が日本の教科書に載せ、後から中国が便乗して教科書に載せ虐殺記念館なる馬鹿げた物まで作るという経緯があるといわれる程のものです。日中平和友好条約とか屈辱的な土下座・謝罪外交とか中国はすっかり忘れ去ったふりをしてまだこんなことで執拗に攻め立てる有様ですからね。ODAで援助した(中国はふんだくった)お金のことも感謝しようともしません。
    ここでも触れている便衣兵=ゲリラ攻撃で民間人を巻き込んだことや日本人居留区の虐殺「通州事件」や他にも「済南事件」の虐殺のこと(この後、物理的・軍事的に不可能なのに日本兵が中国人を虐殺したと捏造する・さらにこの事件の様子が捏造写真に流用される)、支那共産党と国民党の内戦南京事件で大勢の民間人を巻き込み虐殺したことなどとという歴史的事実も中国は無視ですからね。
    昔の大日本帝国のみならず現代日本まで貶め、全責任を擦り付けて中国に隷属させようとするから始末に負えません。領海侵犯や尖閣諸島、他国でもチベット・ウイグル等弾圧・虐殺、無断で核実験など数え切れない程の蛮行・悪行を行い、謀略で自分を被害者に見せかけるのが何よりの証拠でしょう。さらに他国の歴史・宗教・政治・教科書などに一方的に要求する悪辣ぶりです。韓国・北朝鮮の特定アジア全体にいえそうですけど。
    本当に本宮ひろ志やヤングジャンプやその支持者などが土下座・謝罪すればいいですよ。国際社会でも侮蔑と嘲笑の対象になるでしょうよ。

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter