キャラ&メルミュージカル 脚本

2005年4月11日 月曜日

 3月から4月はほぼ毎週W(ダブルユー)のミュージカルを観てきたわけですが、7回も見てるといい加減全てのセリフと場面を覚えてしまったので、記憶が残っているうちに舞台脚本として書き起こしてみました。インターネットのふしぎな力(4番8番あたり)も駆使しつつ。毎回アドリブの舞台とはいえ台本はあるわけで、何回か見ていくうちに元が推理できるようになりました。よってここにあるものは、ある公演の書き起こしではなく、あくまで僕のイメージする崩す前の状態、オリジナル台本です。


ふしぎ少女探偵 キャラ&メル

元脚本 砂本 量
演出 吉川徹
脚本アレンジ 宮本勇次郎

登場人物
 ♀キャラ  ヒラメキ少女。不思議な力と推理力で事件を解決する探偵。
 ♀メル   ハリキリ少女。不思議な力と格闘能力で事件を解決する探偵。
 ♀小山田かれん 音楽ミュージアムの演奏家。
 ♂桜木伊音 敵か、味方か。白い仮面とマント姿で、2人の前に現われる。
 ♂佐々木ダミアーニ 音楽ミュージアム館長。盗まれたガスパロのバイオリンの捜査を依頼する。
 ♂マキアート キャラメル探偵事務所の留守を預かる名犬。
 ♂プーゾ  魔界の住人。魔力で2人を葬り去ろうとする。

シーン1 オープニング

(♪:オープニング)
マネキンたちが客席から出てくる。舞台で踊った後、暗転。
(♪:魔界のテーマ)
笑い声とともに怪しげなシルエットが浮かび上がる。マネキンたちが操り人形のような不吉なダンスをして上下にはける。

シーン2 探偵事務所

(♪:探偵事務所)
   メル、ケーキの箱を持って登場。中から大きなケーキを取り出して、上手側の椅子に座って食べ始める。下手からキャラ登場。手には大きなフォークとスプーン。冷蔵庫を開ける。

キャラ  あれえ? おっかしいな。ちゃあんと冷蔵庫にしまっておいたのに。どこいったんだろ。ねえメル、あたしの苺ショートケーキ、知らない?
      メル、ケーキを後ろ手に隠し、立ち上がって首を振る。

キャラ  あれえ? 口の周りになんか白いものついてますけど?
      メル、歯磨きのジェスチャー。
キャラ  あ、歯磨きして、ぶくぶくぶくぶく、ぺっ。じゃないでしょ。まさかメルが……? あああっ。おやつに食べようと思って楽しみにしてたのに! もう、メルの食いしんぼっ。ばかっ!

(♪:追いかけっこ)
      ごめんなさいのポーズをして逃げるメルを追いかけるキャラ。上手にはけて道具を置いてから戻ってくるときにマキアートを踏んづける。電話のベルが鳴り、マキアート吠える。
キャラ  はい、キャラメル探偵事務所。え? 迷子の子猫ちゃんを探してですって? そういうのは飼い主の責任だと思います! 愛情があるなら自分で探したら? すぐ人に頼ろうとするその態度、問題だと思いますけど!(ガチャン)
メル  せっかくの依頼を断わるなんて……。
キャラ  退屈な仕事はもううんざりなの!
メル  そりゃそうだけど、退屈な仕事でもやらないと、お金が!
キャラ  ああ、もう! もっと体がカーッと熱く燃えるような、不思議な事件はないの?

(♪:WAKU WAKU大解決)
(トレンチコートで探偵に扮したダンサーが登場)

『事件の神様 退屈な仕事は もううんざりです
浮気調査とか 落し物探しとか 迷子のペット探しとか つまらないです
ねえ神様お願い もっと素敵な事件 ください ください ください
ワクワクするような事件をください
ワクワクしながら解決したい

悲劇の消失事件… 血まみれの幽霊事件… 死を呼ぶ謎の宝石… 夜な夜な動く怪しい人形???…(注:詳細不明。 低い男の声で事件の名前、キャラ&メルと探偵ダンサー、指をさしつつ上下を言ったり来たりしてから、中央に戻る)

キャラ  ああ、準備はOKOK!なのに
メル  神様、すごい、すごい事件を、起こしてー!
ワクワクするような事件をください
ワクワクしながら解決したい
メルちゃんキャラちゃんはりきりますよ
メルちゃんキャラちゃん解決しちゃうよ』

      アウトロで扉から佐々木ダミアーニが入ってくる。気付いたマキアートが吠えかかり、ダミアーニは机の上に飛び乗って帽子をとる

ダミアーニ  はっ!
メル  びっくりした……。
キャラ  あなた、だれ?
ダミアーニ  しっ! お静かに! 私、こういうものです! はっ!(名刺を出して素早くメル→キャラの順に見せ、キャラに渡す)音楽ミュージアム館長、佐々木ダミアーニと申します。
メル  博物館の館長さんなんですか?
ダミアーニ はい。
キャラ  キャラメル探偵事務所の、キャラです!
メル  (キャラのポーズを真似して)同じく、メルです!
ダミアーニ  実は2人に内密にお願いしたい件がございまして。
メル  ピカソの絵が、盗まれたのね!
キャラ  音楽博物館に、絵はないでしょう。
メル  そっか。じゃあ、楽器が?
ダミアーニ  はい、私どもの博物館には、世界中の珍しい楽器が展示されています。その中の、1億円もする高価なバイオリンが、何者かに盗まれてしまったのです!
キャラ・メル  い、いちおくえんーーーーっ!?
ダミアーニ  だあああ、しぃっ! このことを知っているのは、私とあなた方2人だけなのです!
キャラ  警察には、まだ?
ダミアーニ  はい! ささっ…(椅子を勧めて自分も座る。下手側にキャラ、上手側にダミアーニ。メルはぐるっと回り込んでキャラの横に立つ。)ここにこうしてお願いに上がったのは、お2人に盗まれたバイオリンを、密かに取り戻してほしいからなのです!
キャラ  どうして警察に知らせてはまずいんですか?
ダミアーニ  盗難のことが公になれば、私の首が…! はっ…。やっと館長になれたのです。仕事を失えば、家族が路頭に迷います、だああ…。お願いします! バイオリンを取り戻してください!
メル  だいじょうぶです。私達に任せてください。ね、キャラ!
キャラ  うん、これこそ、あたし達が待ち望んでいた事件よ!

(♪:ありがとう 神様)

『事件だわワクワク
やっとだわワクワク
神様ホントにありがとう
解決してみせるわよ WAKU WAKU!』

キャラ  とにかくその博物館に行ってみましょ。
メル  マキアート、留守番お願いね!
ダミアーニ お願いね。
(♪:ブリッジ)
上手にはける。舞台転換の間、マキアートにスポット。客席に愛嬌を振りまきながらゆっくりと下手にはける。

シーン3 音楽ミュージアム

(♪ マネキン達の演奏)
音楽ミュージアムのマネキン達がめいめいの楽器を演奏し、割られたショーケースの前で悲しんでから壁に戻る。メル、キャラの順に上手から登場。色とりどりのマネキンを眺める。

キャラ  すごい。博物館っていうから、もっとつまんないとこだとおもってた。
メル  でもさ、なんか楽器がかわいそうじゃない?
キャラ  かわいそう?
メル  だって、楽器って演奏されるためにあるでしょ? こうやってきれいに飾られてても、誰にも演奏してもらえないんじゃ、なんか、かわいそう
キャラ  言われてみれば、確かにそうね。
ダミアーニ  ご心配には及びません。この博物館には、高い楽器を買うことが出来ない若い音楽家たちにタダで楽器をお貸しして、ここの練習場で弾いてもらっているのです。
メル  じゃあ、楽器も寂しくないですね!
ダミアーニ  はい!
キャラ  でも、どれも高い楽器なんでしょ? 演奏中に壊れでもしたら、大変じゃ……。
ダミアーニ  楽器には、高額な保険がかけてありますから!さっ……。
キャラ  高額な保険……。
ダミアーニ  ここに展示してあった、ガスパロのバイオリンが盗まれたのです!
キャラ  ガスパロの、バイオリン?
ダミアーニ  はい。今から300年以上も昔のイタリアで、ガスパロという楽器職人が作った特別なバイオリンです!
メル  何か特徴は?
ダミアーニ  バイオリンのうずまきのところに、天使の顔が彫られています
キャラ  天使の顔か……。

ダミアーニ  はい。
メル  じゃ、ひと目見たら、すぐわかりますよね。
ダミアーニ  はい!見た目だけじゃない、音がまた素晴らしいのです!あれはまるで、天使の歌声のように、素晴らしい音を奏でるのです!
(♪ 天使の顔を持つヴァイオリン)
キャラ  天使の歌声…。
ダミアーニ  はい、あれほど美しい音を出すバイオリンは、世界にただ一つだけ、ガスパロのバイオリン! 熱い、炎のように情熱的な音を出す楽器は世界に一つだけ、天使の顔を持つバイオリン! あの魔法のような音色、あれに代わるものはありません。当博物館の自慢のコレクションだったのです。もしなくなりでもしたら絶望です。何としても取り戻さなければ……。それも2日以内に。
メル  2日以内って!
キャラ どういうことですか!
ダミアーニ  2日後に、子供達のためのコンサートがあるのです。そのときに、是非ともガスパロのバイオリンの音色を、子供達に聞かせてあげたいのです!
キャラ  館長さんって、子供が好きなんですね
ダミアーニ  はい、大好きです! お願いします、子供達のためにも、あれを取り戻してください!
キャラ  分かりました、やってみます
ダミアーニ  良かった…! ありがとう!
キャラ  現場を、あたし達だけで調べたいんです。少しの間、2人だけにしてもらえませんか
ダミアーニ  分かりました。頼みます。

  ダミアーニ、上手はけ。2人は割れたショーケースに歩み寄る。

キャラ (ルーペを取り出し)うっすらとだけど、犯人の足跡が残ってる。
メル  4番なら、足跡を追跡できるかも!
キャラ では、本格的に鑑識を始めようか
メル  うん、あの子達を呼び出そう。
キャラ&メル ローディシュエーン・シュクレ!4番6番8番、いでよ!
(♪ 精霊の登場)
キャラ 4番は犯人の足跡を追跡。
メル  6番と8番は、現場の手がかりを探して。
精霊達 ポポポ… ホニャララ…

   6番、マネキンの襟元に挟まれた紙片を発見する。
キャラ 何かな
メル  何だろ
キャラ 何か書いてある。(ひがし-ひ)×3。
メル  どういうこと?
キャラ わかんない。
メル  (ひがし-ひ)×3。何かの暗号かな。
精霊  ポポポ…
キャラ&メル 6番8番、戻れ!

  上手から小山田と演奏家A、Bが駆けつける。
かれん あななたち、ここで何してるの!?
キャラ あのー……。
演奏家A バイオリンのケースが割られている!
演奏家B ガスパロがないわ!
かれん ガスパロが!? 一体何があったの!? 館長……館長はどこ!?
キャラ あ、あの落ち着いてください、ちょっとした事故があってガラスケースが割れてバイオリンに傷が付いて、修理に出してるんです!
メル  違うでしょ、盗まれたんでしょう!
演奏家達  盗まれた!?
キャラ 本当のこと言ってどうすんのよ!
メル  ごめん……。
かれん ガスパロが……盗まれた!? ああ……。
      演奏家達、昏倒する。
キャラ ちょっと……。
メル  館長さん、館長さん!
      上手から館長。

ダミアーニ 皆さん、どうしました?
キャラ バイオリンが盗まれたのがショックだったらしくて、
メル  この人たちは?
ダミアーニ 当博物館で楽器を演奏してもらっている、若い演奏家の皆さんです。しっかりしてください、小山田さん!
かれん …館長! ガスパロが盗まれたって、本当なんですか?
ダミアーニ はい。ですが、ここだけの話にしておいてください。
かれん あれがなくなったら私、生きていけません!
演奏家A そうよ、あれは恋人、いいえそれ以上の存在です!
演奏家B 私の命よ!
ダミアーニ だいじょうぶ、こちらのお2人は探偵さんです。必ずガスパロを取り戻してくれますからね!
キャラ はい。心配しないでください。

(♪ 心配しないでね)

『心配しないで待ってて
心配しないでだいじょうぶ
心配しないで全ては 必ず解決します
宿命なんです 解決しなけりゃ 生きてる意味も無い
何とかしなけりゃいけません 何とかバイオリンを見つけたい
心配しないで待ってて
心配しないでだいじょうぶ
心配しないで全ては 必ず解決します』

     エンディングでダミアーニ、片膝を突いて両手を広げる。膝の上にキャラが座る
キャラ (紙片を広げて)あの、この意味がわかりますか?
メル  キャラ! (紙片を見せようとするのを止めて)何でもありません! とにかく、私達に考える時間をください。2人っきりにしてほしいんです。
ダミアーニ 分かりました! お願いします。さ、みなさん。
演奏家A お願いね!
     ダミアーニ、演奏家、上手はけ

キャラ どうして止めたの?
メル  だって、全ての人が容疑者よ! もしかしたら、さっきの館長の自作自演かもしれないわ。
キャラ そうか…バイオリンが盗まれたように見せかけて、実は莫大な保険金を狙っていたのかも。私としたことが。
メル しかも、さっきの3人、異常にガスパロに執着してない?
キャラ うん。
メル  あの3人はガスパロの音色を聴いているうちに、その音色のとりこになって、自分だけのものにしたくなったのよ。さっきの失神も、お芝居っぽいし!
キャラ メルって、意外と鋭いよね。3回に1回くらいだけどね。(※アドリブポイント。回数が増減する。)
メル  3回に1回、か……。
精霊  ポポポ…
キャラ 4番が戻った。
メル  追跡の結果は? ……エルム通りの十字路で犯人の足跡を見失ったのね。
キャラ エルム通りの地図を出して。
(♪ シンキングタイム)
メル  犯人はどっちに逃げたんだろう? 西? 北? それとも 東?
キャラ 手がかりはこのメモよ。(ひがし-ひ)×3。
メル  東って書いてあるから、海の水族館よ!
キャラ 違う。ひがしからひを引くと“がし”。その3倍だから……。
メル  (客席に)せーの、ガシガシガシ! 分かった、湖のレストランよ! ガシガシ、ガシガシ!(食べるジェスチャー)
キャラ それを言うなら、ガツガツ!ガツガツ!でしょうが。あ、3は“み”とも読めるよね。
メル  がしみ!
キャラ え?
メル  犯人は、ガシミという名前の女ね!
キャラ そんな名前の女、いないよ!
メル  それがいるんだなぁ。富樫美穂という名前で、真ん中をとってガシミって呼ばれてるのよ。犯人は……あなたね! あなたがガシミね!(客席の女の子を指差す)(※アドリブポイント)
キャラ あ、東という漢字には日という字が含まれているわ。これを引くと木という漢字になる。
メル  それを3倍すると……? せーの、森!
キャラ 犯人は、西の森の教会ね!
メル  さっすがキャラ!
     小山田が現われる
キャラ でも、誰がこのメモを残していったんだろ?
メル  そんなの、犯人に決まってるじゃない。あたし達への、挑戦状よ!
キャラ 挑戦状ねぇ?
メル  とにかく、ここにいても仕方がないわ。森の教会に行ってみましょ。
かれん あのっ……。
キャラ あ、さっきの。
かれん 小山田かれんと言います。
キャラ キャラメル探偵事務所の、キャラです。
メル  同じく、メルです。
かれん さっきは、すいませんでした。
メル  いえ。バイオリン、必ず取り戻しますからね。
キャラ 任せてください。
かれん 気を付けてください。あのバイオリンは普通じゃないんです。
メル  普通じゃない…?
かれん 特別な霊力があるっていうか。あのバイオリンには、天使の顔が彫られているのを知っているでしょう。
キャラ ええ、先ほど館長さんから聞きました。
かれん あのバイオリンを弾いてるときに、その天使の顔が、ニヤリと笑いかけてきたの!
メル  笑った?
キャラ 気のせいじゃ…?
かれん 気のせいなんかじゃない! 確かに笑ったのよ。ぞっとしたわ! きっと呪われているのよ、あのバイオリンは!
キャラ そんなこと言って、あたし達を怖がらせようとしてるんじゃないですか?
かれん 違います! 私だって怖いんです。でも今は、あのガスパロの音色の、とりこ……。
キャラ 誰の言葉も信用することはできません。まだ、全ての人が容疑者ですから。
メル  とにかく、楽器を取り戻すのが先です。あなただって、子供達のためのコンサートを中止にしたくはないでしょう? 行こう、キャラ。
キャラ 失礼します。
     キャラ、メル上手はけ。舞台中央に小山田、思い悩んだ表情でたたずむ。上手から出てきたダミアーニがそれを怪しい目つきで見つめる。ひと呼吸置いてから上手にはける。
(♪ かれんのテーマ?)

シーン4 森の教会

(♪ ウェディング・マーチ)
     結婚式が行なわれている。(注:神父は基本的にオーバーアクション。たまに色々な扮装で観客を楽しませる道化役。)
神父  汝、この女を妻とし、健やかなるときも病めるときも、永久(とわ)に愛することを誓うか?
新郎  誓います。
神父  汝、この男を夫とし、健やかなるときも病めるときも、永久に愛することを誓うか?
新婦  誓います。
神父  よろしい! それでは、誓いのキスを!
(♪ セレブレーション)

  ダンサーが入ってきて全員で踊る。キャラ&メル、黒のメイド姿で上手から登場。カクテルを乗せたお盆を片手に、教会の中を探し回る。祭壇の裏から桜木伊音が現われ、2人を突き飛ばす。

メル  いったあーーい。
キャラ いきなり何すんのよ!
伊音  何をコソコソかぎ回っているんだ!
メル  別にかぎまわってなんか、ねえ?
キャラ うん。
伊音  お前達、何者だ?
キャラ そんなヘンな仮面をつけて、あなたこそ何者?
伊音  誰だっていいだろう。そんなことよりお前達、奴らの仲間なのか? 随分可愛い下っ端を送り込んできたものだな。
メル  下っ端とは何よ!
キャラ あたし達は、探偵よ!
(♪ 探偵よ!)
      参列者、どよめく。早変わりで、メイドからピンクの制服に。
伊音  探偵? 君達が? はっはっはっは!
参列者 はっはっは!
キャラ 何がおかしいのよ!
メル  楽器泥棒はあなたでしょ! 盗んだ楽器を返しなさい!
伊音  いきなり人を泥棒扱いとはな。
参列者 泥棒? 泥棒!
キャラ メル。
メル  うん。
      キャラとメル、桜木の左右に移動する。
伊音  君達下っ端に、僕が捕まえられるのかな?
キャラ 捕まえてみせるわ!
(♪ウォンテッド)

ウォンテッド! ウォンテッド! ウォンテッド! ウォンテッド! ウォンテッド! ウォンテッド! ウォンテッド! ワオ!
ウォンテッド! ウォンテッド! ウォンテッド! ウォンテッド! ウォンテッド! ウォンテッド! ワオ! ウォンテッド! ウォンテッド! ウォンテッド!
ウォンテッド!!

      魔法のように教会の色々な場所から現われては消える伊音。(注:実際は3人の役者がかわるがわる伊音の衣装で演じている)メルは目を回してへたり込んでしまう。客席後方から現われる伊音。
伊音  (花道を歩きながら)ハッハッハッハ。
キャラ そんな目くらまし、通用しないわ! ねえメル?
メル  目が回る……。
キャラ 通用してどうするのよ! あの子達を召還するんだよ?
メル  お腹が空いて……目が回る……。(※アドリブポイント)
伊音  さっさと帰るがいい、下っ端さん。
キャラ だからあたし達は探偵だって言ってるでしょ!
伊音  探偵、ね。もし君達に真実を知る勇気があるのなら、博物館の地下にある練習室に行ってみるがいい。
     キャラ、去ろうとする伊音を後ろから捕まえて仮面を剥ぎ取る。
伊音  !!
キャラ ……!
     伊音、下手に走り去る。呆然と立ち尽くすキャラ。
メル  顔、見た?
キャラ ……。
メル  見たんでしょ?キャラ。
キャラ イケメンだった……!
メル  はぁ?
キャラ あたし、あの人タイプかも!
メル  またキャラの病気が……。
(♪ 奪われハート)

『ほらね盗まれた みごと奪われハート
なぜかいつの間に 心が盗まれた』

キャラ お待ちになって、愛しい人ー♪
メル  ちょっ……待って! キャラーっ!?

    下手はけ。暗転、下手から歩いて出てきた伊音の独白。
(♪ 伊音のテーマ)
伊音 これ以上、奴らの好きにはさせない。愛しいあの人のためにも……。奪われた彼女の心を、僕が必ず取り戻してみせる!

シーン5 地下の練習場

      赤ずきんのような衣装のキャラとメル。手にドーナツを持って登場。
メル  ねえ、それ食べないんならちょうだい。
キャラ だめ! 胸はいっぱいだけど、お腹はすくんだよね。
メル  それにしても、さっきの仮面男、何者なんだろうね。
キャラ 絶対に楽器泥棒に決まってるわ! でも、そんな男に恋するなんて、あたしって罪なオ・ン・ナ! ねぇ、どう思う?
メル  (※アドリブポイント。CMや芸人などのモノマネをする)一つ気になることがあるんだよね。高価なバイオリンを盗むのに、犯人はガラスケースを乱暴に叩き割ってる。おかしいと思わない?
キャラ なるほど。割れた破片で楽器が傷付けば、値打ちが下がる。
メル  でしょ? なんかただの楽器泥棒じゃないような気がするんだよね。
キャラ でも、お金のため以外に、バイオリンを盗む理由がある?
メル  それは、分からないけど……。
キャラ とにかく、練習室を調べてみましょ。もしかしたらそこに、隠されたバイオリンがあるかもしれないし。
メル  ってことは、内部の人間の犯行?
キャラ かもしれない。それにしても、かれんさん遅いね。
メル  待ち合わせの時間、とっくに過ぎてるよね。
かれん (うつろな表情で)お待たせしました。地下の練習室に、ご案内します。
キャラ&メル ど、どうも……。
(♪ 地下迷宮)

キャラ かれんさん?
メル  本当に、ここに……?
キャラ かれんさん!?
      かれんが黒い幕を引き上げておろすと、左右に手下を従えたプーゾに変わっている。
プーゾ ハッハッハッハ!
キャラ 仮面の男!
メル  また現われたのね!
キャラ ……違う。この人、森の教会の人じゃない! あの人と違って、ヒゲが生えてて悪そうな顔だし、お腹が出てるもん!(※アドリブパート)
プーゾ うるさい!おのれ、言いたい放題言いおって。目にものみせてくれる! ハッ!
      プーゾの手から魔力がほとばしり、キャラ&メルを金縛りにする。
キャラ 何これ!?
メル  体が勝手に……!
キャラ これじゃ精霊達も呼べないよ!
プーゾ フハハハハハ! イッツア・ショウタイム!
(♪ イリュージョン1)
      音楽が流れ出すと、勝手に2人の体が動き出し、手下とタンゴのようなダンスを踊る。下手へ誘導され、横4段の鉄格子に南京錠で固定される。
メル  離してよ! キャラーっ!?
キャラ メルーっ!
プーゾ やれぃっ!
      カーテンを閉めるが、しばらくすると中からキャラ&メルが出てくる。代わりに手下が拘束されている。
プーゾ うぬぬ、こしゃくな! オーレッ!
      2人は分断され、キャラは下手へ、メルは舞台中央のコンテナのほうへ誘導される。
メル  キャラーっ!?
キャラ メルーっ!?
プーゾ さあ、こっちへ来い。
メル  あ、あたし!?
      メル、ふらふらと誘われるように階段を登り、蓄音機のラッパ部分に入れられる。
プーゾ さあ入れ!(シュルシュルシュル…)
メル  わあああ。
      一旦入るが、ふちに手をかけて這い上がってくる。
メル  んんん……!
プーゾ おおっ!?
メル  ピカチュー。ピカピカー!(※アドリブポイント)
プーゾ うるさい! 入れ!(シュルシュル…)
メル  キャラぁーーっ!
キャラ メルー!?
      レコード部分がパカっと開いてメルが顔を出す。(※後半はここでミニマジックを仕込んでいる)そのまま下手に蓄音機ごとはける。
プーゾ オーレ!
(♪ イリュージョン2)
      キャラ、風船を付けられて空中へ浮かぶ。
キャラ メルーっ!
メル  キャラぁーっ!?
キャラ うわあーーん、降ろしてよー! ……でもコレちょっと楽しいかも!(※アドリブポイント)


      空中から下ろされたところでメルと合流。
キャラ&メル  せーの、えーーい!(ドーン)
      風船の包囲を脱出する。風船で殴りつけてくる手下をかわし、逃げようとする。
プーゾ 逃がすものか! 今度こそ終わりだ! オーレ!
(♪ 魔法対決)
      再度金縛り、今度は2人ともコンテナの上に誘導される。
プーゾ さあ、入れ! (※アドリブポイント。2人が勝手なダンスを踊り、手下が惑わされる)……ん? バカもん、さっさと入れてしまえ!
      箱に入れられ、四方を電動ドライバーで閉じられる。
プーゾ ハッハッハッハ。これで出られまい。オーレ!
      手下がロッカーを開けると、9本の傘がかかっている。
プーゾ 串刺しにしてしまえ!
      手下、4面に2本ずつ傘を差していく。一箇所手が出ているところがあり、ぴくぴく動いている。
プーゾ まだ手が動く元気があるか。とどめをさせい!
手下  はっ!
      手下、箱に登り、上から最後の1本を刺す。
プーゾ ハッハッハッハ! これでくたばっただろう。よし、抜いて調べてみろ!
      傘を2本ずつ抜いていく。7、8本目がピンクと水色の傘になっている。
手下  おおっ!?
プーゾ 何ぃ、こしゃくな!おい!
      てっぺんの傘を引き抜くと、骨だけになって万国旗が回っている。
プーゾ おのれぇっ! これでもくらえ! ハッ!
      箱の上に魔法が炸裂、煙が上がり、箱はぺしゃんこになる。
プーゾ うはは、ざまぁみろ!
手下達 ざまぁみろ!
     キャラ&メル、ロッカーの中から登場。
キャラ&メル ざまぁみろ!
手下達 参りました!
     手下、大道具を押して下手はけ。
キャラ こんなことをするのは、もう止めて!
メル  やっぱりあいつもこいつらの仲間だったのね!
キャラ じゃあ、あたし達を罠にはめるために、練習場へ行けって言ったの?
メル  そうよ! そうに決まってるわ!
キャラ 今度会ったら、ぶっ飛ばしてやるわ!

      伊音、舞台奥、大道具の後ろから登場。
伊音 誰をぶっ飛ばすって?
キャラ 愛しい人!
伊音 お前達の好きにはさせない! ハッ!(魔法を放つ)
プーゾ おおっ!?
伊音 君達は逃げろ!
     キャラ、メル下手はけ。
(♪ 伊音のテーマ)

     魔法とステッキでの対決。上手側に伊音、下手側にプーゾ。
プーゾ なかなかやるじゃないか。
伊音  はっ!(ハットを投げる)
      舞台転換。伊音、マントを翻してプーゾに迫る。交差して上下入れ替わる。プーゾ、傘の柄の部分を伊音の腕にかけ、背中合わせになる。伊音、体をひねってステッキで横殴りに払う。プーゾはダッキングでかわし、傘から手を離して伊音の背中に魔法を当てる。伊音、上手方向に吹っ飛ばされるが傘を開いて持ちこたえる。傘を捨て、ステッキでプーゾに狙いを定める。プーゾ、下手袖から箱を受け取り、中から棒を取り出す。
プーゾ 行くぞ!
      棒を振り回しながら迫るプーゾ。しかし伊音のステッキに弾かれ、棒は上手袖に飛んでいく。伊音、ステッキで撃ちかかるが、プーゾは上手に落ちていた傘を拾って防ぐ。プーゾ、舞台中央に移動して直立する。伊音が下手から上手へ走りぬけながら打つと、プーゾの首が落ちてしまう。
プーゾ  おおっ!? ……はっはっはっは。
      プーゾ、落ちた首を元通りはめこみ、下手へ悠然と去っていく。暗転。伊音も下手へはける。

シーン5 探偵事務所

     留守番をしているマキアート。2人が帰ってきたのを聞きつけてドアのところへ行くと、メルが勢いよく開けたドアに跳ね飛ばされて気絶する。

メル  げんちゃくーーっ!
キャラ 一体あれはなんだったの……幻覚?
メル  げんちゃく……。
キャラ 幻覚?
メル  げ、げんちゃく?

     2人、ドアの前でヒクヒクしているマキアートに気付く。
キャラ マキアート!
メル  マキアート、ほら、おきなさい!
キャラ ちゃんとお留守番しててって言ったでしょ!
メル  こんなところでのんきにお昼寝なんかして。この役立たず!
マキアート クーンクーン……。
キャラ あんたが気楽にお昼寝してる間にね、あたし達は死ぬほど怖い目にあってたんだから!
メル  あんな怖い目に遭うのは、もうごめんよ!
キャラ じゃあ、どうするの?
メル  もしかしたら、この事件から手を引いたほうがいいのかも。
キャラ 手を引く?
メル  あたし、田舎に戻ってお百姓さんになろうかな。(田植えのジェスチャー)これでも田植え名人って言われてたんだから。(※アドリブポイント。食べに行きたいもの、回想、願望など)
キャラ 探偵を辞めるって言うの? 2日後にはコンサートがあるのよ。あの素晴らしいバイオリンの音色を、子供達に聞かせてあげるんじゃなかったの?
メル  だって、あたし達の力じゃどうにもならないでしょ。だったら何? キャラには何かいい提案があるの?
キャラ それは……。
メル  ほら、何にもないじゃない。
キャラ たまにはメルも考えなさいよ! いっつも食べ物のことしか頭にないんだから!
メル  そっちこそ、いつもイケメンの男のことしか頭にないじゃない!
キャラ なんですって!?
メル  何よー!
キャラ&メル んむーーーー!
マキアート ワン!ワン!
キャラ&メル アンタは引っ込んでて!
マキアート キャン!キャン!
キャラ&メル んーーーーー!
マキアート ワンワン!
     マキアート、宝箱の前に移動。
キャラ あれは……。
メル  おばあちゃんがくれた宝箱……。

     宝箱を開けると、光とともにおばあちゃんの姿が浮かび上がる。(下手から揺り椅子に座ったおばあちゃんをレールで送る。スポット。)

(♪ 二人の家系の秘密とオリハルコンの剣)
おばあちゃん お前達、よくお聞き。世界の始まりのとき、光と闇が生まれた。光は正しきもの、闇は悪しきもの。このオリハルコンの剣(つるぎ)は、正しきものの力を集めて作られたものだよ。私達の家系はね、古くはシビュラと呼ばれた巫女の家系でね。代々このオリハルコンを守り続けてきたんだ。いいかい、何か困ったときには、これをお使い。でもね。お前達の心が一つにならないと、剣は力を発揮しない。だからいつも仲良く、助け合うんだよ。それを忘れないでおくれ。

メル  今こそ、この伝説の剣を使うときかも……。
キャラ きょうだい喧嘩してるときじゃなかったね。ごめん。
メル  あたしこそ、ごめん。


(♪勇気を出して!)

『勇気を出して 心を合わせ ひとつになって駆け出そう青春
勇気を出して 2人はひとつ 未来に向かってさあLet’s Go!
(ここからリズムイン、チアガールに扮したダンサーが乱入)
弱気になんてならないさ 助け合ってがんばろうがんばろう!
そのうちに答えも出るさ 絶対あきらめはしないさ
たまにため息出るけれど キャラとメルの笑顔に助けられるよ
勇気を出して 心を合わせ ひとつになって駆け出そう青春
勇気を出して 2人はひとつ 未来に向かってさあLet’s Go!』

メル  こんなに一生懸命踊っても、何の手がかりもないね……。
キャラ 手がかりなら、あるわ。
メル  仮面?
キャラ この仮面の目撃者の中に、彼の正体を知る人が、必ずいるはず。
メル  じゃ、12番の力を借りれば!
キャラ あの子を呼び出そう!
メル  うん!
キャラ&メル ローディシュエーン・シュクレ! 12番、いでよ!
精霊 ポポポ…
メル  目撃者を見せて。

      上手から神父、下手から伊音が現われる。精霊が見せている幻影という設定のため、スポットは当てない。

神父  彼の名前は確か、桜木伊音さん。ときどきこの教会にお越しになりますよ。職業? 最近まで、音楽ミュージアムに勤めていたそうですが、クビになったと聞きました。これ以上詳しいことは、私にはちょっと……。

      神父、伊音、出てきた側にはける。

キャラ 音楽ミュージアムをクビに……。
メル  てことは、その腹いせに楽器を盗み出して、売りさばこうとしているのかも……。 やっぱりあいつが怪しい!
キャラ ……。
      キャラ、仮面を握り締めて無言でたたずむ。

メル  キャラ? もう、事件の関係者を好きになっちゃだめって、いつも言ってるでしょ!
キャラ 好きだなんてそんなぁー。(仮面にほおずり)
メル  この仮面は、あたしが預かります! あれ? 裏に何か書いてある。
キャラ どれどれ……。笑う門には福来たる。10、8、3、2。どういう意味だろう。
メル  (マキアートを指差して)あっはははははは!
キャラ 笑ってもだめだと思うよ。
メル  じゃあ何なの? その、暗号みたいなの。
キャラ バイオリンを隠した場所を忘れないように、犯人がメモしたのかも。
メル  じゃあ、ここにいてもしょうがないわ。とにかく森の教会に行ってみましょ。
キャラ マキアートも、一緒に来て!
マキアート ワン!

シーン6 音楽ミュージアム

(♪ 普通のバイオリン)
かれん だめだわ、こんな音じゃ……。
演奏家A やっぱり、ガスパロじゃなければ、あの情熱的で魅惑的な音は出ないわ!
演奏家B ときには熱い炎のような、情熱的な音色! ときには氷のように冷たく、悲しい音色。
演奏家A 一体誰がガスパロを!
演奏家B あなたが盗んだんじゃないの?
演奏家A そういうあなたこそ!
演奏家B 何よ!
かれん もう、やめてください!
演奏家A&B フンッ!
     ダミアーニ、上手から登場。
かれん 館長。本当にガスパロは見つかるんですか?
ダミアーニ 心配ない、きっとあの2人がガスパロを取り戻してくれますよ。
     桜木、上手から駆け込んでくる。
演奏家A わっ!
ダミアーニ ここで何をしてるんです!
かれん 伊音さん!
伊音 かれんさん……。
ダミアーニ 桜木くん! 出て行けと言ったはずです。それとも、警備員を呼びましょうか? かれんさんの恋人は、音楽なのです。さ、練習練習。
     かれん、差し出されたバイオリンと桜木を交互に見比べてしばらく逡巡し、バイオリンを手に取る。館長に連れられて、かれん、演奏家A&B、下手はけ。
(♪ 伊音のテーマ・リプライズ)

伊音  この切ない気持ちを分かってほしい。だけど彼女はあのバイオリンのとりこになっている。何とか僕を振り向いてほしい。僕の話を聞いてほしい! だけどどうしたらいいんだろう。神様、どうかかれんさんを、邪悪な者達からお守りください!
      教会のセットに転換、伊音そのまま教会の中央にひざまずいて祈り始める。

シーン7 教会

キャラ 桜木伊音サマね!
メル  サマ……じゃないと思う。
キャラ 桜木伊音クンね!
メル  クンもいらない。
キャラ だって、呼び捨てになんてできないもん。
メル  もういい。桜木伊音ね。
伊音  ああ。
メル  ガスパロのバイオリンはどこ?
伊音  知らないな。
メル  楽器泥棒はあなたでしょ! 盗んだ楽器を返しなさい!
キャラ 取り引きしましょ。
伊音  取り引き?
キャラ 素直に楽器を返してくれたら、あたしがあなたの恋人になってあげる!
メル  違うでしょうが! ガスパロのバイオリンがここに隠されているのは分かっているわ。教えてくれないなら、あたし達で探すから。
伊音  君達に見つけられるのかな?
      伊音、下手はけ
メル  この仮面の裏に書いてある言葉。『笑う門には福来たる10 8 3 2』。これが楽器の隠し場所よ。
キャラ 謎が解けたの?
メル  全っ然。キャラ、お願い。

      謎解きタイム。上からスクリーンが降りてくる。
(♪ シンキングタイム)
キャラ あんたも少しは頭使ったら?
メル  ほら、あたしって肉体派だからさ!
キャラ そっか、そうだよね……。さて、笑う門には福来たる。カドはモンとも読めるから、教会の門の下?
メル  でも、そんなとこに隠す場所ないよね?
キャラ 笑う……。福来たる……。
メル  (マキアートと共に)あははははは! あははははは!
キャラ 笑っても意味ないと思うよ。……! そうか、意味がないんだ!
メル  どういうこと?
キャラ このことわざ自体には、意味がないかも! だとすると大事なのは数字ね。『笑う門には福来たる』これをひらがなにして、左から順に番号を付けていくと……。
メル  並べ替えね!

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10 11 12
わ ら う か ど に は ふ く き た る

キャラ 10はき、8はふ、3はう、2はら。
キャラ&メル きふうら。
メル  きふうらって何?
キャラ そこに、寄付金を集める台があるわ。その裏に何かあるのかも……。あった!
メル  かんたーん!

      伊音が下手から再度登場、マキアートが気付いて吠える。
マキアート ワンワン!ワン!
キャラ 天使の顔……。
メル  間違いない。これがガスパロのバイオリンね。
キャラ やったねメル! これで子供達のためのコンサートが開けるね!
マキアート ワンワンワン!
      2人、伊音に気付く
メル  やっぱりあなたが犯人だったのね!
伊音  僕を捕まえるのか。
キャラ それは警察の仕事よ。あたし達の仕事は、この楽器を取り戻すこと。
メル  警察が来るまで、ここを動かないで。マキアート、動いたらギッタギタにしてやって!
キャラ 顔はだめよ!
メル  そんなの気にせんでいい!
伊音  それをここから持ち出してはいけない! そのバイオリンは、呪われてるんだぞ!
キャラ&メル 呪われている?
(♪ 呪われたヴァイオリン)
伊音  ああ。そのバイオリンを手にしたものは、例外なく不幸な目に遭ったり、不慮の死を遂げたりしているんだ。そのバイオリンはかつて、フランスの皇帝ナポレオンの手にも渡ったことがある。ナポレオンはその音色を気に入り、よく演奏させたという。だがその直後、フランス軍はロシア軍に敗退、ナポレオンは失脚、島流しにされてしまったんだ!
キャラ そんなの、ただの偶然よ。
伊音  偶然なんかじゃない。それに、そのバイオリンにはもともと霊的な力があるんだ。
メル  霊的な力が?
伊音  使うものによって善にも悪にもなる。しかし闇のものの力によって、恐ろしい道具に変わってしまった。
キャラ 恐ろしい道具?
伊音  人の善良な心を奪い取り、悪に変えてしまう力だ!
メル  人の心を奪い取って、悪に変える……?
伊音  僕に呪いを解く力があればいいんだけど、僕にはその力がない。だからここへ持ってきたんだ。ここなら呪いを封印しておける。ここから持ち出せば、大変なことになるぞ!
メル  そんな作り話をして、罪から逃がれるつもりでしょ!
伊音  違う、信じてほしい! キャラ、君なら信じてくれるだろ?
      キャラ、伊音のほうへフラフラと吸い寄せられていく。
メル  キャラ! 彼がイケメンだからって信じちゃダメ!

神父  大きな声を出して、どうしましたかな?
キャラ 神父さん。
メル  この人、楽器泥棒なんです! 警察が来るまで、見張りお願いできますか!
神父  なんと……! 分かりました! 桜木くん、あなたという人は!
伊音  は、離してくれ! だめだ、おい!!

      暗転。落雷。

シーン8 音楽ミュージアム

(♪ 取り憑かれた演奏)
マネキンに囲まれて、うつろな表情のかれんがガスパロのバイオリンを奏でている。

ダミアーニ いやあ、さすがは探偵さん! 感謝します。これで子供達に、美しいバイオリンの音色を聞かせてあげることができます!
キャラ なんだか、変な気持ち。
メル  体から、力が抜けていくような……。
ダミアーニ それだけ、ガスパロのバイオリンの音色が素晴らしいということです。まるで魔法にかかったようでしょう?

      音楽変調。かれん、足元がふらつき床に昏倒する。
キャラ かれんさん!
メル  顔が真っ青!
キャラ まるで体中の血が吸い取られてしまったみたい。
メル  館長さん、早くお医者さんを!
ダミアーニ ふはははははは!
メル  館長さん?
キャラ やっぱり……伊音クンが言ってたことは正しかったのよ!
メル  このバイオリンは、呪われている?
ダミアーニ 今頃気が付きましたか?
メル  呪いをかけたのは……!
キャラ あなたは何者なの?
ダミアーニ ただの博物館の館長ですよ。名刺を差し上げたじゃないですか……?
      懐から名刺を取り出すと、燃え上がって中空に消える。
ダミアーニ 熱い……。
キャラ やっと解ったわ。(ひがし-ひ)×3。あのメモを、誰が現場に残したのかずっと気になってた。伊音クンのはずがない。だとすれば……。
メル  残るは、館長のあなたしかいない。マネキンのポケットにメモを残し、あたし達を森の教会へと行かせたんだわ。
ダミアーニ はっはっは……。
キャラ あなたは、バイオリンがあそこにあることを知っていた。だけど、自分では取りにいけなかった。
ダミアーニ はっはっはっは! その通り! 私は神聖な場所が苦手でね! 誰かの手を借りなければ、ガスパロを取り戻すことができなかったのですよ!
キャラ あたし達を利用したのね!
ダミアーニ ご推察の通り! さすがは名探偵(と言われる)だけのことはある。
キャラ じゃあ、伊音クンは、かれんさんを助けるため、そして子供達にバイオリンの音色を聞かせないために、バイオリンを盗み出したんだわ。
メル  ……彼って、いい人だったんじゃん。
キャラ だから、ずーっとそう言ってたでしょ! メルのせいだからね!
メル  あたしのせい!?
キャラ そうよ! やっぱり彼を信じるべきだった……。
メル  ふん。その惚れっぽい性格のせいで、いっつも失敗してるじゃない!
キャラ 何ですって!?
メル  何よ!
キャラ&メル んーーーー!
ダミアーニ はっはっはっは! こいつは愉快だ、さっそくガスパロの悪の力に染まりつつあるらしい。はっはっはっは!
キャラ&メル んむむーーーーーっ!

おばあちゃん お前達の心が一つにならないと、剣は力を発揮しない。だからいつも仲良く、助け合うんだよ。

キャラ いがみ合ってちゃだめだね。
メル  2人が心を合わせないとね。
キャラ ごめん、メル。
メル  ごめん、キャラ。
      握手をする2人。ダミアーニに向き直る。
キャラ あなたは何者なの!
メル  その楽器を返して!
ダミアーニ 私はマスター! せっかくですから、素晴らしい演奏をお聞きになってください。
    ダミアーニが手を一振りすると、マネキンの人形達が動き出し、じりじりとキャラとメルを追い詰めていく。
キャラ メル……。
メル  キャラ……。
ダミアーニ はっはっは、素晴らしいでしょう、私の楽団員たちは!
      腰が抜け、倒れているかれんのそばにへたり込むキャラとメル。そこへ上手から桜木が駆けつける。
伊音 やめろ!
ダミアーニ また君か!
キャラ 伊音クン!
      ダミアーニが手を振り、楽団員たちは下手にはける。
メル  あたし達、あなたのこと誤解してたみたい。
キャラ&メル ごめんなさい。
伊音  いいんだ。
      歩み寄る伊音に手を広げて向かっていくキャラ。しかし伊音は素通りし、かれんを助け起こす。
伊音  かれんさん! しっかり! ……彼女に何をした!
ダミアーニ このバイオリンには、人の心を吸い取る力があるのですよ! 善良で、清らかな心をね! 昔から、何千何万という人間の心を吸い取ってきました。世の中に、心をなくしたうつろな人間をどんどん増やすためにね!
キャラ そんなことして一体何になるの!?
ダミアーニ 世の中に悪をはびこらせる! それが私の力になるのです! コンサートが楽しみです。子供達の、けがれを知らない美しい魂を、沢山吸い取ってあげますよ! この楽器でね! ははは!
キャラ そんなことはさせないわ!
メル  音楽は、人の心を豊かにするためのものでしょう。それを、悪の道具だなんて!
キャラ バイオリンだって、悲しんでる!
メル  その楽器を返して!
ダミアーニ そうはいきません! 私にはこれが必要なのです。永遠に生きながらえるために! ははははは!
キャラ そんなこと許さないわ!
メル  待ちなさい!
      下手にはけていくダミアーニ。キャラとメルも追いかけてはける。

(♪ 伊音のテーマ・リプライズ)
伊音  かれんさん。しっかり。
かれん (気が付いて、伊音にすがりつく)伊音さん!
伊音  (戸惑いながらも抱きしめる)かれんさん…!

シーン9 地下迷路

注:シーン9はビデオ上映とする。
(♪ 狂騒)
キャラ どこ行ったの?
メル  あっ!
ダミアーニ はっはっはっは。無駄だ無駄だ。ガスパロのバイオリンは、私のものだ!
メル  待ちなさい!
キャラ 逃がすもんですか!

      ダミアーニ、赤いボタンを押して扉を開ける。
ダミアーニ こっちだよ!
      扉が閉まる。
メル  あーっ。しまった……。
キャラ だいじょうぶよ。きっとこのボタンを押せば開くはずよ。
メル  でも、どっち?
キャラ あいつが押したのは、確か……。あれ、どっちだっけ。ねえ、みんな教えて。あいつが押したのは、青? それとも赤?

広告

      客電が付く。客席から「赤ー!」の声。

キャラ 分かった、青ね?
メル  うん、青!
キャラ 間違いない。
キャラ&メル せーの!(ポチッ)

      足元の床が開き、2人は落下する。
キャラ&メル わあぁーーーっ!(ドスーン!)
キャラ&メル いったぁーーーい!
メル  いててててて……。
キャラ あーびっくりした……。ん?
      針天上が音を立てて迫る。
キャラ ああーっ、このままじゃ、潰されちゃうよ!
メル  ね、見てこれ!
キャラ あ、またボタン。
メル  どっちか押したらね、多分開くと思うんだよねー。
キャラ ねえみんな、青? それとも赤?
キャラ&メル お願い! 教えて!
      客電が付く。客席から「赤ー!」の声。
キャラ 信じるよ?
キャラ&メル せーの!(ポチッ)
      扉が開く。
メル  やった、当たった当たった!
キャラ 早く!
      2人が出るのと同時に天上が落ちる

キャラ 危なかった……。
メル  あーっ!
キャラ ダミアーニ!
      2人の目の前にダミアーニがいる。逃げようとするが、壁に突き当たる。
キャラ こんなところにいたのね! もう逃げられないわよ!
ダミアーニ くっそぉー。……うおぉぉぉぉぉぉ……!
      ダミアーニの体から青い炎が立ち上り、姿が変わっていく。
メル  これが……ダミアーニの正体?
キャラ こうなったら、あたし達だって!
メル  うん!
キャラ シビュラの力よ。
メル  精霊達よ。
キャラ&メル 我らに降臨せよ!

      2人は白い光に包まれ、変身する。

シーン10 バトル!


ダミアーニ 魔界の帝王、ダミアーニの力を見よ!
      上下からくるくると回転しながら、手に手に武器を持った戦闘員が現われる。
キャラ メル、行くわよ!
メル  うん!
(♪ 両者の戦い)

      キャラ、箱の上から足元の敵にキック。両脇を抱えられながら下に降りる。鎖鎌を持った敵を交わし、腕に噛み付く。下手にはける。メル、1段上の箱からの左右の蹴りをガードし、ボディーブロー。そのまま後ろに背負い投げで2m下に落とす。次の敵の回し蹴りを交わし、お尻を押すと、その敵ははしごごと下に落ちてしまう。下に飛び降りて右側転。下手の敵を蹴り上げ、上手からくる敵の棒をかわして回し蹴り。棒を奪い取って上段突き。

キャラ メルーっ。がんばれがんばれ! わぁー!
      舞台奥で応援しているキャラ、敵に追いかけられて上手に逃げていく。メル、下手から走りこんできた敵が振り下ろす棒をかわして蹴りあげる。そのまま畳み掛けるように上段から自分の棒を振り下ろす。敵は受け止めるが、キャラはすかさず棒を敵側に差し込んで背後に投げる。敵の股の間に棒を差し込み悶絶させる。中央に戻って後ろ回し蹴り。

ダミアーニ うわーうわーうわー!
      上手より、なぜかキャラと電車ごっこのようになって走っているダミアーニ。途中でへたりこみ、キャラに尻を蹴られる。下手に走ってはける。

ダミアーニ うわーうわーうわー!
      下手から再度走り出てくるが、後ろが手下に代わっている。
ダミアーニ 本当に疲れたね、って誰だお前は!
      手下を蹴飛ばし、上手にはける。

キャラ わーーー!
敵   どこだ! どこに行った!
キャラ あっちだ!
敵   わーー!
      敵、キャラに騙されて上手に走ってはけていく。しかし新しい敵が現われキャラを囲む。鎖鎌をかわすと、マトリックスタイムが発動する。箱に背をつけて息を整えようとすると、となりに敵がいて驚く。棒をかわして突き飛ばすと再度マトリックスタイム発動。相打ちになりそうになった敵は真剣白刃取りをしようとするが、失敗して脳天直撃。キャラは敵の鎖鎌のロープに手をとられるが、それを利用して足をひっかけ、他の敵を転ばせる。そのまま逃げようとするが、片手がからまったままなので逃げられない。起き上がって追いかけてきた敵を「ストップ!」と止め、ロープで大縄跳びをさせる。鎖鎌の敵がロープを引いてキャラを引き寄せる。キャラ、鎖鎌をかわして逆にロープでがんじがらめにして、まだ縄跳びの位置で跳んでいる敵にぶつける。

メル  それー! それー! それー!
      下手からモーニングスターなどの武器を投げて敵を追い回すメルが登場。キャラと合流する。2人で協力して敵をなぎ倒す。ダミアーニ、上手から登場。吊りでダミアーニの両手剣が降りてくる。
ダミアーニ うおぉぉぉぉぉ!
キャラ 今こそあの剣を使うときよ!
メル  うん! (腰からオリハルコンの剣を抜く)

      そこに下手からかれんを抱きかかえた伊音が登場。
ダミアーニ はっ!
      ダミアーニが掌を向けると急に起き上がり、凄い力で伊音の首を絞めつける。
キャラ かれんさん、やめて!
メル  アイツに操られてるだけよ!
伊音  かれんさん……!やめるんだ!
      2人、止めようとするが振り払われる。
ダミアーニ さあ、とどめだ。ええい!
マキアート ワンワンワン!
      剣を振り下ろす瞬間、マキアートが間に入って身代わりになる。
マキアート キャウン!
キャラ&メル マキアート!
伊音  かれんさん!
マキアート クーン、クーン、クーン……
キャラ&メル マキアート! 死んじゃいや!
キャラ 神様、力をお貸しください!

(♪ マキアート 死なないで)

『マキアート お願い死なないで
マキアート 神様お願いよ
このままサヨナラなんていわないで
お願い マキアート
いつも勇敢で2人の味方でいてよマキアート 死ぬな!』

ダミアーニ 人間とは、弱いものだな。愛するものが死にかければ涙を流す。心が痛む。そう、心があるから弱いのだ! 心があるから悩み、苦しむのだ! 心がなければ悲しむこともない、傷付くこともない。お前達の心も、この私が吸い取ってやる!
キャラ あなたは何も分かっていない!
ダミアーニ 何ィ?
メル  人は、心があるから、強くなれる。優しくなれる。辛い事だって、乗り越えていける。
キャラ 心があるから、誰かのために戦える!
メル  マキアートは、あたし達を守ろうとした。それは、優しい心があるから……愛があるから!
キャラ 心がなければ、この世は闇よ!
メル  でも、そうはさせない! あたし達がいる限り。
キャラ みんな、力を貸して!
メル  みんなの心を一つにすれば、きっとマキアートを助けられる!悪を倒せる!
キャラ みんな、心の力を集めて!
メル  お願い!
キャラ&メル、かれん、伊音、客席を交えてマキアートコール。 マキアート!マキアート!マキアート!
ダミアーニ や、やめろ!
      上からシャボン玉、マキアートは白い光に包まれて甦る。
キャラ&メル マキアート! みんな、ありがとう!
ダミアーニ そんな、バカな!
キャラ もう許さないわよ!
メル  覚悟しなさい!
(♪ 戦いの勝利)
      オリハルコンの剣で大立ち回りをするメル。下手端でキャラが敵を背負い投げしようとするが全然動かない。メルが代わりに小手返し気味に投げる。敵、背落ち。伊音も戦う。背周りから足払いして上手へ移動。下手から組宙返りで出てきた敵が転んだところをすりぬける。かれんが敵の棒を奪って滅茶苦茶に殴りつける。伊音の視線に気付いたかれんは棒を取り落としてへたり込む。伊音、敵をビンタで追い払い、かれんの手を取って下手はけ。ダミアーニとメルがつばぜり合いをしていると、後ろからマキアートがかぶりつく。
ダミアーニ おおっ!? このおっ!
      マキアートが斬られそうになるが、上手から伊音が飛び込んできてステッキで防ぐ。
キャラ やあーーーーっ!
      キャラ、気合とともに突っ込んでいくが、ダミアーニを素通りして伊音に抱きつく。
メル  やあっ!
マキアート ワオーン!
キャラ やあっ!
伊音  とうっ!

ダミアーニ、全員の連続攻撃をくらってよろめく。
キャラ&メル シビュラの力よ、精霊達よ。この剣に降臨せよ!
      ファンファーレが鳴り響く。
キャラ&メル やあっ!
      剣から光がほとばしり、ダミアーニを撃つ。
ダミアーニ うわあああああっっ!!
      ダミアーニ、よろめきながら上手はけ。

シーン11 大団円

キャラ マキアート!
メル  良かった!
かれん ありがとう!
伊音  君達2人のおかげだ。
メル  かれんさんを救ったのはあたし達じゃありません。伊音さんです。
かれん 伊音さんが?
      キャラ、複雑な表情。
メル  伊音さんの愛の力が、かれんさんを救ったの!
      かれん、キャラを押しのけて伊音の前に立つ。
かれん ありがとう。
      手を握って寄り添う2人。

キャラ あーあ。どうして最後はこうなるんだろう。心が痛いわ。
メル  じゃあ、心なんていらない?
キャラ いる! だって、また素敵な人が現われるかもしれないし!(客席を見渡す)
マキアート ワンワンワン!
      上手からガスパロを手にしたダミアーニが登場。普通の姿に戻っている。
ダミアーニ 一体私はどうしてしまったんだ!?
メル  何も覚えてないんですか?
ダミアーニ はい、何かあったんですか?
キャラ ちょっとしたことが、ね。
      キャラ、ダミアーニからバイオリンを受け取り、かれんに差し出す。かれん、バイオリンを見て後ずさりする。
キャラ だいじょうぶ。もう魔物は去って、呪いは解けたわ。
メル  弾いてみてください。
      かれん、『勇気を出して』の主旋律を独奏。メル、中央のコンテナにオリハルコンの剣を置く。ダミアーニ、マキアートをつれて上手にはける。バイオリンのメロディから、そのまま歌のイントロにつながる。伊音、かれん、下手へはける。
(♪ ~18~ My Happy Birthday Comes!)

      暗転。
(♪ フィナーレ)
      下手から男性ダンサーが華麗なアクロバットで登場。ロンダートからのバク転、連続バク転、袖からの組ジャンプ前方宙返り、組側転など。男性ダンサーが上手にはけると女性ダンサーが下手から登場してダンス。そのままミニライブに移行。メドレー(ロボキッス→恋のフーガ→ああ、いいな!→恋のバカンス)、『~18~ My Happy Birthday Comes!』


 この作業に1日費やしてしまった。あまりにも幸せで素敵なミュージカルだった。しばらくキャラメル脳から抜け出せそうにない……。
 気をつけてください! このミュージカルは普通じゃないんです! 人の心をひきつける霊力というか……。でも今は、キャラメルの舞台の、とりこ……。



Warning: A non-numeric value encountered in /home/users/1/boy.jp-dacelo/web/type99.net/html/DocumentRoot/wp-content/plugins/write-time/write-time.php on line 140

Warning: A non-numeric value encountered in /home/users/1/boy.jp-dacelo/web/type99.net/html/DocumentRoot/wp-content/plugins/write-time/write-time.php on line 141

Warning: A non-numeric value encountered in /home/users/1/boy.jp-dacelo/web/type99.net/html/DocumentRoot/wp-content/plugins/write-time/write-time.php on line 143

この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (まだ評価されていません)
読み込み中...

コメント / トラックバック 18 件

  1. 匿名 Says:

    す、凄いっす。
    このまま台本ですね。

  2. 匿名 Says:

    メル  あたしさ、○○○食べに行ってくる。(※アドリブポイント。食べに行きたいもの、回想、願望など)

    ここ一回ぼんに促されて台本通りやったよ
    何か田舎に帰って畑仕事とか

  3. 津短 Says:

    イヤイヤ…み、見事ッス…
    ここまで再現されていると記憶がよみがえりあの顔に…(イヤイヤ)
    意外とあの部分は短かったのねとか色々と妄想してしまいます。
    殺陣の部分がものすごく鮮明で、やはり七回は伊達じゃないッスね!

  4. nekoprotocol Says:

    ( ´・ω・`)スゴスギル!

  5. 黒猫。 Says:

    いや、ハロプロ系の記事には全く興味はなかったわけですが、何故か読んでしまった。宮本さんの気迫を感じました。

  6. kabochang Says:

    わたしはトータル10回見ましたが、これほどは再現できません。長いのわかってて途中までで止めようと思っていたのですが、思わず引き込まれて最後まで読んでしまいましたよ。涙が出て来ちゃったしね…。見事なお仕事でした。ありがと。
    最後の♪my happy birthday comes!の直前のカレンのバイオリンですが、あれは劇中の♪勇気を出してlet’s go? ではないかと思うのですが…。

  7. T2 Says:

    ライブのMCは起こして作っていますが、ミュージカル全部をとは…
    感服いたしました

  8. とみいち Says:

    いいもの、拝見させていただきました。
    ありがとうございます。

  9. 匿名 Says:

    おつです。
    永久保存ですね。

  10. chepooka Says:

    いくらなんでもすごすぎる

  11. 宮本 Says:

    >>1
    渾身の出来です。このまま、ヲタを数人集めて舞台が上映できます!

    >>2
    あの顔になる! 書いてる間中あの顔ですよ。殺陣の部分は、スタントマンの視点で見ました。

    >>3
    あーとうざいまーす!(辻ちゃん)
    MCの書き起こしも非常に意義のある事業だと思います。

    >>4
    ありです。感無量ですよ。

  12. 宮本 Says:

    おお、ありがとうございます。いやぁ、まだ結構穴がありますね。随分手直ししてはいるんですが。早速反映させます。
    それにしても、初日から既に崩してるって凄い話ですね。

  13. 宮本 Says:

    >>5
    あ、そんな回があったんですか! うーん。もう少し詳しく思い出せませんか? キャラメルん家って農家だったのか……。

    >>6
    我ながらかなり気合をこめたものに仕上がったと思います。これが僕の本気です。

    >>7
    10回とはまた随分ごらんになりましたね! まぁ7回見た僕が言うのもなんですが。マイハピを聞くと今でも涙ぐみそうになりますね。じーん。 ご指摘の箇所、修正しました。

    >>8
    あーとうざいまーす!
    とにかく何か形に残しておきたかったんです。

  14. どらねこ Says:

    すばらしいです!大作ですね。

    わたしも10回以上見ましたが、
    でも、確かにこのミュージカルには普通じゃないんです・・・
    ・・・あれは恋人。いや、私の命よ!

    せっかくなので、ちょっと??な点の補足を。

    シーン3 音楽ミュージアム
     ・ダミアーニの1回目のはけ ×下手→○上手

     ・ダミアーニの台詞 ×「楽器のうずまき」→○「バイオリンのうずまき」

     ・「(ひがし-ひ)×3」の台詞 ×メル→○キャラ
      (キャラが手に取って読み上げてる)

    シーン4 森の教会
     ・神父の台詞 ×「病めるときも健やかなるときも、永久に愛し続けることを誓うか?」
        →○「健やかなるときも病めるときも、永遠(とわ)に愛することを誓うか?

    シーン5 地下の練習場
     ・最初のイリュージョンは『錠前抜け』がある(記載落ち?)

    シーン8 音楽ミュージアム
     ・楽団員たちのはけ ×上手→○下手

    シーン10 バトル!
     ・キャラが背負い投げしようとしてできないところを
      メルが代わりに投げ飛ばす(記載落ち?)

    って、ここまで書いておいてなんですが、
    あんまり細かいところを書いてもきりがないので、この辺で。

    とにかくお疲れさまでした!!

  15. どらねこ Says:

    >>5
    横やり補足で。
    確か4/3の夜公演だったような気が・・・

    あいぼんに「ここって一回も台本通りにやったこと無いよね」って言われたのを受けて、

    メル「(「この事件から手を引いた方がいいのかも」の後で)
      私、田舎に戻って畑仕事しようと思うの」

    というような台詞だったと思います。

    ちなみに、初日は「2週間前に戻ってフットサルやりたい」だったはずなので、
    私もここには台本無いと思ってました。

  16. 宮本 Says:

    あと、『WAKU WAKU大解決』の真ん中の「○○事件…」のところがどうしても聞こえなかった。低すぎるんだよ声!

  17. tengsama Says:

    めもめもめもめもめもめもめ

  18. ヒラメキ少女 Says:

    ご無沙汰しております。これを見ているとミュージカルに行った事が無い私でも行った気分になれますね。
    当時は諸事情で見に行けなかったので昔に戻って見に行きたいです。

    先日コメントさせていただきましたプロットもそうですが、宮本さんのキャラ&メル愛が伝わってきます。
    ダブルユー演じる美少女探偵の変身ヒロインと、素材は良かっただけにあのような結末になってしまったのが残念です。

    余談ですが、キャラ&メルのちょっとした文を書きましたので興味がありましたらご連絡ください。

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter