iTunesサービス開始初日のランキング

2005年8月5日 金曜日

■使い心地

iTMSの話題で持ちきりです。僕が。会社で3人の人に話したら、「あいちゅーんってなぁに?」と聞かれましたので、思わず「ハロモニコントで、高橋さんが扮するスズメのことです」と答えそうになりました。宮本です。

さて、そのiTMS(アイチューンズ・ミュージックストア)、昨日会社から帰って早速使ってみました。曲名ダブルクリックで30秒の視聴が出来たり(これは前から)、そこから1クリックで注文できたりと、かなり手軽です。手軽すぎて怖いくらいです。一旦クレジットカードの情報を入れたら、1曲3秒くらいで買える…!

■特徴

すでにラインナップは100万曲、とは言うものの、体感的にはやはりまだまだ少ないな、という感じです。参加アーティスト、レーベルがまだ少ない。参加してる以上は全アルバム曲を提供したりしているから、曲数は増えているんでしょうね。
それでも開始と同時にこれだけ一気に用意できたのは素晴らしいと思うので、今後どんどん増えていくことを期待したいです。
で、曲数が少ないのと、何でもクリック1発でダウンロードできるのと、検索の利便性とが奇妙な具合にミックスされて、よく分からないランキングになっているのが面白いです。

→初日のランキング
なぜ松崎しげる。つい僕もダウンロードしてしまいました。

■今後の展望

さて、今後は、SME(ソニー)やUFA(アップフロント)などの人気レーベルの参入を期待すると同時に、iTMSならではの特典にも期待したいところです。
例えば、iTunes4.9から動画の配信も可能になっているそうなので、例えばシングル曲に、プロモのメイキング映像や、CDTV式のアーティストコメントなどをパッケージ化する。
ネットの違法MP3流通のあおりを食って、近年CDの売り上げ低下が叫ばれているハロプロ勢なんて、この作戦があれば一気に大黒字になると思います。
あとは、1曲単位のアフィリエイトやギフトカード、自分のリストを公開できる機能なども面白そうです。新しいことが始まるときというのはワクワクしますね。

広告


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (まだ評価されていません)
Loading...

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter