犬の話

2005年10月7日 金曜日


 バリ島には、犬が多い。野良犬とも近隣の民家の飼い犬とも区別のつかぬ犬が、常に道の端をうろちょろしている。どれも雑種だろう、これといって特徴のない顔つきをしている。しかし、よく見ると色さえ違うものの、どれもほとんど同じ形をしている。

 おそらく外部からそれほど犬が持ち込まれることもなく、混血を繰り返して最大公約数に落ち着いたのが今の形なのだろう。犬なので信号は分からないため、ひょいひょいと道路を渡る。なのに1匹も轢かれた犬を見かけないというのは、犬も人もなんだかんだいってうまくよけてるのだろう。適者生存の法則で、車をよけられる優秀な犬のみが生き残ったのだ。これはこれで“バリ犬”として呼びならわしてもいいと思う。それで国際犬種保存協会に申請すればいいと思う。
 どの犬も、妙にしょぼくれた顔をしているのが特徴だ。

広告


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (まだ評価されていません)
Loading...

コメント / トラックバック 2 件

  1. Says:

    なんだか自由な人生をやってるな、オイ!

  2. 匿名 Says:

    写真アップ期待してます!

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter