朝顔の観察日記 0日目

2011年4月20日 水曜日

(現在、[countday start=2011/4/10]日経過しています。)
チューリップに引き続き、ノスタルジー植物栽培の第二弾として、朝顔を育てることを決意した。



おー、これこれ。朝顔の種ってこんなんだったなぁ。


0日目。プランターに8粒植えてみた。

土も種もプランターも100円ショップで買ったので、総経費は300円くらい。
チューリップのときみたいに、いきなり「咲いた!」と書くと日記カタルシスに欠けるので、ここで変化があった場合は随時観察日記を更新することにする。

広告

最終的には、電力需給が逼迫し、停電も予想される今夏の猛暑を、グリーンカーテンでしのぐために使うつもり。

「朝顔 グリーンカーテン」で検索してみたイメージ。

富士通 那須工場の朝顔による緑のカーテン

 

緑のカーテンとは、ゴーヤ、朝顔、へちま、ひょうたん等、つる性の植物を建物の窓や外壁に沿って生育させることで日差しを遮り、葉からの蒸散作用(注1)による気化熱を利用して、建物の蓄熱を防止する省エネルギー方法です。

真夏のエアコンの消費電力を約20~30%削減できると言われており、富士通ソリューションスクエアの食堂では、緑のカーテンがある場所とない場所の窓ガラス表面で最高15度の温度差が確認されました。

緑のカーテンの取り組み : 富士通

え、こんなんなるの!?


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (1 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)
Loading...

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter