電車を待つ時に2列に並ばないヤツは、列を守らない人よりタチが悪い

2016年10月6日 木曜日

今日はの九十九式は、「電車を待つ時に2列に並ばないヤツは、列を守らない人よりタチが悪い」、というお話。(『きかんしゃトーマス』のナレーション調で)

最近のJR、山手線あたりのホームって、「2列に並んで整列乗車してください」というのがスタンダードな流れになっていて、整列位置がテーピングして表示されていたりする。
┌─┬─┐
│ │ │
こういうの。

以前は、ドアの位置の前に2列で並んで待っていて、ドアが開くとサッと左右に別れる、という形式だったように思うけど、というか今でも主流はこっちかな? 山手線の乗降客が多すぎるから仕様にしたのかもしれない。

まあそれはいいんですよ。どちらにしろ2列に並んで待つ、というのが電車待ちのスタンダードであり、都会通勤者の嗜みなわけですが、時としてこれが全くできない人がいる。

(図1)
┌─┬─┐
│○│ │
こうやって最初の人が並んでるところに来て、

(図2)
┌─┬─┐
│○│ │
│○│ │
こうやって並んじゃうの。

すると次に来た人が2番めの人に気を使って後ろに並んで、
(図3)
┌─┬─┐
│○│ │
│○│ │
│○│ │
結局この列は1列で並んでホームのスペースを圧迫してみんなが迷惑する。

僕はいつも図1のような状況だったら迷わず隣に立ちますし、図2のような状況でも、こんな感じには並ぶ
(図4)
┌─┬─┐
│○│ │
│○│○│
これなら一応3行目からは2列になるので、一人分のムダはできるけど一応は整列乗車ができる。

この前なんかは、もう10人以上並んでいて、
(図5)
┌─┬─┐
│○│ │
│○│ │
│○│ │
│○│ │
│○│ │
│○│ │
│○│ │
でも帰宅時間帯なので他のレーンは全て2列になっていて、ここだけ長蛇の列が異様な感じだった。
仕方ないので僕は勇気を出して(といっても何ら悪いことをしているわけではないので恥じることもなく)、一番前にスタスタと歩いていった。
(図6)
┌─┬─┐
│○│○│
│○│ │
│○│ │
│○│ │
│○│ │
│○│ │
│○│ │
後に誰か続いてくれるかな、と期待したけど誰も続かなかった。

一体、図2で後ろに並んでしまう人の心理はどういうものなのだろうか?
横に並ぶと気を使うから? 次に最初の人の後ろに並んだ人の方が先に乗ることになってしまう(山手線方式の時)から?そんなに急いでないから?
他に理由が思いつかないが、共通するのはいずれも「自分さえ良ければいい」という徹頭徹尾、自分勝手で反社会的な理由だということだ!

これからも俺は2列乗車の前にしっかり並んでいく!みんなもその後ろに並んでくれ!


この記事は15分37秒で書きました。

この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (1 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)
Loading...

コメント / トラックバック 3 件

  1. TK Says:

    「たとえ自分が損してでもルールを守る」ならわかる。

    「ルールを破ってでも得を取る」というのも共感はしないけど行動原理としてはわかる。

    だけど2列指定の場所で1列に並ぶヤツは「ルールを破って損をする」というどうしようもないバカだ! 

  2. 宮本 Says:

    以前、「自動改札の攻略法」にもすごく反応いただきましたけど、TKさん電車マナーネタ好きですよね!

  3. TK Says:

    普遍的なネタな割には世間で言及が少ないから、ですかな・・・?

    お年寄りとか対妊婦さんへのマナー問題はたまに話題となりますが
    こうしたもっと万人共通の問題でも話題になって欲しいものです。

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter