ラーメン人体トッピング問題について

2016年10月14日 金曜日

今日一番身の毛のよだったニュース。
子供がチャーシューメンを頼んだら、そこに入っていたのは…!

ラーメンに「親指の一部」混入、従業員が調理中誤って切断か

静岡市清水区のラーメンチェーン「幸楽苑」で、先月、子どもに提供されたラーメンの中に、人の指の一部が混入していたことがわかりました。

静岡市保健所などによりますと、先月10日、静岡市清水区の「幸楽苑 静岡清水インター店」で、女性客が、「子どもが食べていたラーメンのスープに人の指のようなものが入っている」と店に伝えました。混入していたのは、長さ7ミリから8ミリ、幅およそ1センチほどの爪がついた人の親指の一部でした。

この2日前に、パート従業員の女性が店内のスライサーでチャーシューをカットした際に左手の親指を切っていて、調理の過程で混入したとみられています。

幸楽苑は、客に謝罪したということで、「2度とこのようなことがないようにする」とコメントしています。(13日11:43)
ラーメンに「親指の一部」混入、従業員が調理中誤って切断か

いやいやいや……。そこか!?そこなのか、この問題は!?

これ、親御さんの衝撃はいかばかりか、とは同情します。子供がラーメン食べてたら親指が入ってた!「おう、親指入っとんぞワレェ!」というのはラーメン屋における定型句のクレームですが、丼を持ってる指が入ってしまっているのではなく、指そのものが入ってしまっているとは…!

そりゃ基本的には食べ物に異物が混入していたら、客としては不快な気持ちになるので、誤ってほしくはある。しかし人体の一部、指の先っぽだと、不快感と同時に恐怖がある。え、この従業員どうなったの?大丈夫なの?なんか、血液でうつる感染症とかないの?

パート従業員の女性が店内のスライサーでチャーシューをカットした際に左手の親指を切って

読んでるだけで顔をしかめたくなるような痛そう描写。幸楽苑は、「2度とこのようなことがないようにする」と客に謝罪するのはもちろんそりゃそうなんだろうけど、この従業員のケアもちゃんとしてあげて欲しい。あと、7~8ミリだと骨まで達してないのか、この女性従業員はちゃんと指先が完治するのか、処分で首切りとか減給とかされないのか、そのあたりもちゃんとアナウンスして欲しい。指の先を来られた挙句首まで切られたら可哀想過ぎる。


この記事は8分40秒で書きました。

この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (1 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)
Loading...

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter