ニッキモニ再論

2001年6月21日 木曜日

 いつも、「今日こそサイトを元に戻すぞ」と思いながら更新するのですが、ののたんの笑顔に負けて4日目です…。ほとんどの読者の方はネタだと解ってくれてるはずですが、初めて見に来た人とか混乱するみたいですねやっぱ。
 まぁいいや。ついでだから、今日もモー。関連ネタです。

 ニッキモニ。は死んだ。と宣言したのは僕ですが、登録は外していません。批判しながらそれでもなお期待を持っているから。というか、そもそも期待の無い所に批判もまた存在しないのです。
 そして久しぶりに様子を見てみたら、トップの文章・デザインがマイナーチェンジされていて、ヒロトシ党首がファンサイトの申請を突っぱねているではないか!やった!党首ー!改革だ。ニッキモニにも構造改革の波が来てるぞ。
 ついでに言わせてもらうと、「ナントカ同盟」だの「なんちゃらリング」だの「アイドルランキング」だの「うんたら秘宝館」だのに登録しているサイトもいらねぇんじゃないかなぁと思う。あとサイト名がメンバーの名前をもじっただけの所とか。しかし最もいらねぇのは、モー娘でエロ妄想ふくらませてる糞サイト。お前帰れ。
 まぁその辺は党首の裁量だし、急激過ぎる改革は組織を壊すしね。
 さらについでだけど、批判ばっかりしてる党員も組織の和を乱すよね。(まぁ1人位いてもいいですね?ですね?)

 以上、放談。以下、論考。

広告

 ニッキモニ登録サイトを一行レビューしてる人がいて、その人に水を向けられたので、僕ももう少し突き詰めて考えて見ます。
 まず根本的な問題として、「テキスト系」という言葉の定義の曖昧さや、拡大解釈によるすれ違いがあげられます。
「日記系」「テキスト系」という言葉は、多くの人の頭に漠然としたイメージがありながら、それを定義付ける事は非常に難しいのです。そして近年のインターネット人口の増加(と、侍現象および梨華のじかん人気)が、その齟齬に拍車をかけた。
 また、「ニッキモニ。」にはさらなる懸案があります。それが「ファンサイト」の解釈問題。ニッキモニ。は建前上は「ファンサイトお断り」という事になっているが、では「ファンサイト」とは一体何なのか?
 ――というわけで、「テキスト系サイト」「非ファンサイト」と、ただでさえ解りづらい問題が二重構造になっている為、意識のズレが増幅されて混乱が生じているのです。

 そこで解決策。…とまでは行かないただの勧告だが、登録申請しようとする人は、主催者のサイトであるWalking In The Rhythmをもっとよく見ればいい。あれがテキストサイトの雛型だ、と断言はしないが、「定期的にモーニング娘。を取り扱うテキスト系サイト」である事に間違いは無い。そして自分のサイトと彼のサイトとを比べてどういう違いがあるか、自分のサイトは「いわゆるファンサイト」ではないと言い切れるかどうかをよく考えてから挙手する事を勧めたい。
 アクセス数が欲しいからって、手当たり次第に登録・リンクすりゃ良いってもんでもあるまい。

 ともあれ、ヒロトシ党首が動いてくれたので、僕はもうある程度安堵したし、特にする事もないんじゃないかなぁと思います。
 良い方法が思いついたら何らかの形でレビューとかしてみたいけどね。(嫌われるけどね) その時は、こんなヌルイもんは作りません。


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (まだ評価されていません)
読み込み中...

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter