ロボキッス!!!!!!!!!!!!!!!!

2004年10月8日 金曜日

 こんにちは。九十九式ッスの宮本ッス!

 先頃、ハロプロで初公開されたW(ダブルユー)の新曲『ロボキッス』が素晴らしすぎる。地球戦士Wの冒頭で、いきなりPVのカットが流れ、画面に釘付けになった。と思いきや、そのあとノリノリで歌いだしたのは吹き替え外人の声。地上波での生歌初公開はミスターWだったわけだが……。

ミスターW

「なァにぃ、新曲なかなかいいじゃなぁい!」

・曲がかわいい

 それはさておき、カバーでもなく、「なまず」のような飛び道具もなく、ようやく前提やエクスキューズのいらない、手放しで絶賛できる曲がWにも回ってきた。『ロボキッス』という不思議なタイトルには、「ロボットだけどキスがしたい」というストーリーが込められているらしい。

 つんく♂いわく、「テンポが高速ではないのに、スピード感溢れる曲」。Aメロの韻の踏み方も気持ちがいいし、「好き好きっす~♪」のサビも印象的だ。恋のバカンスやセンチメタルボーイにも通底するようなレトロフューチャーな雰囲気がある。どこかで聞いたような、どこでも聞いたことがないような、不思議な曲。

・ダンスがかわいい

ネジ巻き 辻ちゃんが加護ちゃんの背中のネジを巻いているシーンがある。その次に加護ちゃんが空気入れで辻ちゃんを膨らませる。加護ちゃんはぜんまい式、辻ちゃんは空気圧式のロボットなのだ。これがもう、理屈抜きにオモシロかわいい。

 かわいいロボットダンスに、ヘンテコなサビの動き、最後の背中合わせなど、今回のフリは初めから我々を萌やし殺すつもりで来ている!

 これは仮説だが、辻ちゃんがインタビューで「あいぼんを見てると、ネジを回したくなる。人形みたいにかわいいんです」と答えているのを知ったつんく♂が“ピコーン!”したものではないか。(参照:辻希美 名言集

広告

・衣装がかわいい

ジャケ写 前回の『なまず』のときの歌衣装は、黄色いこども服のような微妙な…はっきり言うとかわいくないし、地味だった。今回の衣装は、メタリックシルバー地に、ピンクとブルーのさし色が聞いた、サイバーアンドセクシーな、歌のテーマにあった素敵衣装に仕上がっている。ピンクとブルーの、今までそれぞれに固定されていたイメージカラーがスイッチしているのも新鮮味を表現することに成功している。

、(衣装・ダンスを含めたトータルな)ビジュアル、2人のキャラクター。これらが三位一体となって「一つのアート」にまで昇華されたのがこの作品である。ダブルユーは、存在自体がゲイジュツだ。

 まだ未聴の方で、今この日記を家で読んでいるあなたは幸運である。今すぐテレビをつけて、Mステを見てほしい。この歌は音と絵とを同時に見た方が楽しい。

ロボキッスロボキッス

10/14、映像の世界と同時発売です。


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (1 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)
読み込み中...

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter