ニュース見出し裁判

2004年3月26日 金曜日

ネット記事: 見出しに著作権認めず 読売新聞が敗訴

 これは全ニュース系サイト者への福音です。読売が訴えていたのは、WEBサイトに新聞見出しの一行ニュースを配信するスクリプトサービスだったんですが、裁判の争点は見出しという短い文章に著作権は存在するのか、という点でした。実はこの訴訟を聞いてからは、狡猾で怜悧、賢明にして英邁、奸佞邪智の世渡り上手で知られる九十九式では、ニュース記事を紹介するとき、いちいちオリジナル見出しにしていたのです。ところが今回

客観的事実を記述したか、それにごく短い修飾語を付けたもので、創作的表現とは言えない。不正な利益を図るなどの目的がない限り、第三者が利用することは自由だ。

という判決が出たため、これからはガンガンコピペっていきたいと思います。—–

広告


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (まだ評価されていません)
Loading...

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter