読書感想文(23) 博士の愛した数式

2005年8月1日 月曜日

博士の愛した数式 小川 洋子

レビュアー: 宮本・ザ・ニンジャ
 脳障害で80分しか記憶が持たなくなってしまった老数学者と、母子のふれあいを描いた叙情的作品。主人公は家政婦として毎日“博士”の元へ通うが、80分しか記憶が持たない博士は、いつも初対面になってしまう。しかしそこに10歳になる息子を交えた心の交流が生まれる。というお話。

 我々はともすれば過去にばかり眼を向けてふさいでしまったり、未来ばかり見て不安に押しつぶされそうになったりするが、彼らは現在のことしか考えない。
 どんなに楽しい時間を過ごしたとしても、博士との時間は文字通り“今”しかない、ということが分かっているからこそ、誰もが相手のことを心から思いやっているのだ。ひたむきに今を生きようとする3人の姿は、美しい。

 物語は、やがて来る悲しい結末を予期させながら進むが、実際に悲しい結末は描かれない。温かい雰囲気のまま、うっすらと冷めて、やや唐突に終わる。まるで「証明終わり」とでもいうような幕引きだった。
“数式”という点で尻込みしている文系人間にもおすすめしたい。分数の割り算が分からなくても読める。

広告

★★★☆☆


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (1 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)
Loading...

コメント / トラックバック 2 件

  1. 匿名 Says:

    今度読んでみよと思いますー

  2. 宮本 Says:

    ぜひ読んでみてくださいなー。

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter