中秋の名月にござる

2016年9月15日 木曜日

中秋の十五夜。
武家では座敷を開け放し、月を鑑賞するのが習いである。

誰のためであろう。
三重の肉体は再び潤い、妖しく艶めいていた。

広告

「あの君様は いつがさかりよな~」

『シグルイ』第6巻 第28景『変身』より

というわけで、中秋の名月にござる。朝は怒涛の雨が降っていたので、今日は月が見られないかなと思っていたら、夜になると雲間から月が現れていた。

昨日の夜、4歳の長男から
「つきみってなぁに?」
と聞かれて説明した時、

「満月が一番きれいな夜でだな…」
「あ、しってる」
「月見団子という団子を…」
「ああ、しってるしってる」
「知ってるなら聞くなよ!」
とぞんざいな対応をしてしまった(今思うと、早く自分の知っている月見知識を話したかったんだと思う)ことを反省していたら、ふと気づくと机の上に長男が拙い字で書いた手紙が置いてあった。内容は「かめんらいだーえぐぜいドが10がつからはじまるよ」といった他愛のない内容だったのだけど、それが何だか本当に心に染みて、月が滲んだ。もう仮面ライダーゴーストが始まって、第一回を一緒に見た秋から1年も経つんだなあ。子どもの書いた字や絵って、最高の酒の肴よな。

img_5163


この記事は12分31秒で書きました。

この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (1 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)
Loading...

コメント / トラックバック 1 件

  1. type99 Says:

    中秋の名月にござる – 九十九式

コメントをどうぞ

はてなブックマーク
Follow me on Twitter