ロンドンのパブは渋い?

2005年2月10日 木曜日

 ロンドンのパブも渋いけど、有楽町のガード下も捨てがたい。

 去年から地下鉄に見受けられるこのポスターがうっとうしくてしょうがない。営団地下鉄から東京メトロに変わったときに作製されらものらしいが、うっとうしいというか、見かけるたびに恥ずかしくていたたまれない気分になる。

 別に有楽町のガード下を捨てなくてもいいけど、なんで比較しなきゃいけないのか。そんな意味不明の相対評価を持ち出さず、勝手に絶対評価してればいいではないか。他にも、凱旋門と雷門を比べたり、自由の女神と西郷像を比べたりと、とにかく非道い。

 なんだか、最近の日本見直しブームとか右傾化とかよりも前の、西洋コンプレックスが変な方向に発露されているような気がして居心地が悪くなってしまうのだ。
 そもそも、ロンドンのパブは渋くもなんともない。ただ酔っ払いがビール飲んでサッカー見てるだけだ。メニューだってビールとモルトのほかにはソーセージとポテトと魚フライくらいしかないからね。マクドナルドでさえ、レギュラーメニュー5種くらいしかなかったのはびっくりした。

広告

そしてこの日記も、逆張りでたいそう気恥ずかしい……。


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (まだ評価されていません)
読み込み中...

コメント / トラックバック 2 件

  1. 宮本 Says:

    意見が「きてる」ということは、東京メトロにご勤務の方でしょうか?
    何というか、あの文脈で比較するとどうしても無理が…。
    やっぱ意見はあるんですね。

    最初は、東京メトロの意見広告みたいなものかと思ってました。→番組:東京日和

  2. Post Anonymously Says:

    同様の意見は結構きてますよ。
    まぁ所詮はスポンサー番組の広告ですし…。

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter