第3回九十九式テキスト大賞2005 結果発表

2006年1月15日 日曜日

 (ダラララララララ…)レディースアンドジェントル麺達! 九十九式読者が選ぶ!第3回九十九式テキスト大賞2005、結果発表のお時間がやってまいりました! 【(アウォード投票×3P+はてなB数÷5+審査員特別ポイント)×10】で計算しました。審査員特別ポイントは、審査委員長である宮本が3位3点、2位5点、1位10点で計算しています。最後に10をかける理由は、八百屋のおっさんが「おつり200万円」というのと同じです。
作品リスト

1位 マジでグリーンの人になったシリーズ 360pt このエントリを含むブックマーク
2位 ブログを構成する3要素 86pt このエントリを含むブックマーク
3位 キャラ&メルミュージカル 脚本 68pt このエントリを含むブックマーク

4位 第1回全国エアギター大会 1次予選 64pt このエントリを含むブックマーク
5位 ミキティに悪いことを吹き込むあやや 60pt このエントリを含むブックマーク
6位ジンフィズ 62pt このエントリを含むブックマーク
7位 ニートっぽいテキストサイトと社会人ブログ 55pt このエントリを含むブックマーク

8位 エアギター大会(1) ~@新宿ロフト~ 50pt このエントリを含むブックマーク
9位「です・ます」と「だ・である」と、ブログに向くのはどっち? 48pt このエントリを含むブックマーク
10位 [sake] ダメな飲食店やBARを判断する 3条件 46pt このエントリを含むブックマーク
11位 死ぬことと見つけたり 38pt このエントリを含むブックマーク

12位 子供が嫌いだ 38pt このエントリを含むブックマーク
13位『2nd W』感想文 32pt このエントリを含むブックマーク
14位 自動改札が閉じたときの攻略法 32pt このエントリを含むブックマーク
15位 犬がいなくなった日 32pt このエントリを含むブックマーク

16位 素敵な教育 32pt このエントリを含むブックマーク
17位 女系天皇の問題 32pt このエントリを含むブックマーク
18位 巨像の思い出 30pt このエントリを含むブックマーク
19位 戦争を知ってる子供たち 30pt このエントリを含むブックマーク

20位 バレンタインネタは流行らない 30pt このエントリを含むブックマーク

 以下、皆様からいただいた投票理由と、宮本の寸評です。投票理由の扱いについて説明していなかったので、名前はイニシャルにしてあります。公開しても構わない、という方はお知らせください。

広告

●マジでグリーンの人になったシリーズ(7×3 25/5 10)=360ポイント

・今年の九十九式は、なんといってもこのテキストです。
泣いた。(Tさん)
・とってもリアルな臨場感が素敵で見入ってしまいました。(TSさん)
・ヒーローってこういうことか!と思いました。(匿名)
・2005年の九十九式はパーソナリティーを前面に押し出したテキストが例年になく充実していたと思う。エアギター、格闘技、旅行、早寝早起き。中でも最高峰の記事がマジレンジャーシリーズ4部作。次点は残念ながらリストにないが「エアギター大会(1) ~@新宿ロフト~」ですね。カッコいい! そして心を揺さぶられます。(ttさん)
・できなかった事ができるようになる瞬間。いいですね、感動します。(niさん)
・本当に中の人になると思わなかった。宮本さんは有言実行の人だなぁと本当に尊敬しました。(Mさん)
・「実践の人」たる宮本氏の個性が最大限発揮され、なおかつ私の趣味嗜好の領域と奇跡的にクロッシィーン!したのはなんと言ってもこれ。勇気を力に変えてのトライ&エラー。達成目標の明確さ。巧みな脇役の配置。そしてさわやかな読後感。これぞ九十九式という更新だと思う。
また「戦隊ショーの中の人になる」という非日常的な題材は未見の知を求める広い読者層にもアピールするものだろう。
ただ一言、「テメッ その子供仕込みだろう!」とは言わせてもらいたい。(TKさん)
はてなブックマークコメント1
はてなブックマークコメント2
はてなブックマークコメント3

はてなブックマークコメント4

 1位は集計前から分かっていましたが、予想通りの結果となりました。圧倒的。まさに2005年の九十九式を代表するテキストになったと思います。

●ブログを構成する3要素(1×3 28/5)10=86pt

・今年も冴えてたテキストサイト論、中でも一番の傑作がこれ。(ttさん)
はてなブックマークのコメント

 投票はそれほど多くなかったのですが、はてなブックマークの票が集まってこの順位に。テキストサイト論は、今でも書こうと思えばいくらでも書けるような気がしますが、経済学者が貧乏なのと同じで、分析できるからって自分でもヒットさせられるとは限らないんですよねー。

●キャラ&メルミュージカル 脚本 (2×3 4/5)10=68pt

・ これしかないと思います。もうありえないくらいフラッシュバックさせられました。(TSさん)・キャラメルが好きすぎる。多分次のキャラメル公演があったら辻ちゃんと共演できると思う。気づいたら舞台に宮本さんがいそう。(Mさん)
・まさか2005年になって、これほど熱い「妹」愛が詰まった記事が書かれるとは! 奇跡の労作。「『2nd W』感想文」も興味深く拝見しました。ちなみに一番笑えたのは「ミキティに悪いことを吹き込むあやや」です。(ttさん)
はてなブックマークのコメント

 労力、投下時間は多分これが一番です。

●第1回全国エアギター大会 1次予選(2×3 2/5)10=64pt

・初めてエアギターなるものを知ったテキストです。早く次回の戦いが見たいです。あと、マリヲさんが嵐の番組で半分馬鹿にされてました。許さん。。(Yさん)
・この記事にてエアギターを始めました。エフェクター選びが楽しかったです。(Nさん)
はてなブックマークのコメント

 2005年は本格的にエアギターに取り組み始めた年でした。メディアでの注目度とちょうど良い具合にシンクロしたのも良かったと思います。ところで最初にリストに含め忘れていたんですが、エアギター話なら2005年最もよく書けたのは 8位 エアギター大会(1) ~@新宿ロフト~の方だと思っています。2004年の話かと思ってた。

●ジンフィズ (2×3 1/5)10=62pt

・このテキストを読んでから、BAR等では真っ先にジンフィズを頼んでしまいます。確かに炭酸弱いところ多い気がします。今までフィズフィズしてるのを飲んだこと無い。。(Yさん)
・僕は「ジントニックを頼め」と教わった気がする。いろんなパターンがあって面白い。(niさん)
はてなブックマークのコメント

『ジントニック』という流派も『ギムレット』という場合もあると思います。共通して言えることは「シンプルなカクテルはごまかしが効かない」「カクテルの王道はジンベース」ということです。

●ミキティに悪いことを吹き込むあやや(3×3 0)=90ポイント

・私はハロプロあまりわからないのですが、これは笑った。このコラを作るために撮られた写真としか思えない。(Tさん)
・衝撃でした。(TSさん)
・ちなみに一番笑えたのは「ミキティに悪いことを吹き込むあやや」です。(ttさん)

 たまにやる画像ネタです。画像ネタのアイデアはいつもあるんですが、テクニックと環境がないので実現できることが少ないんですね。この画像もMSペイントで作ったのを覚えています。しかしこの写真はすごい。

●ニートっぽいテキストサイトと社会人ブログ(1×3 11/5)=55ポイント

・私も社会人になってなんだかテキストサイト読めなくなったなぁと感じていたので、なるほどと思えたテキストです。あのころがなつかしい。(Tさん)

●「です・ます」と「だ・である」と、ブログに向くのはどっち?(1×3 9/5)10=48pt

・今更ながら口調を丁寧語にしてみようかと思います。(Hさん)

●ダメな飲食店やBARを判断する 3条件(1×3 3/5)10=46pt

・まったくの凡人からしてみると、大変奥の深い話で興味深かったです。そして、誰しもが行きたくなくなるBARなのは間違いない(笑 こういった地雷BARは全国各地にありそうで恐い。(Yさん)

●日航ジャンボ機事件(1×3 4/5)10=38pt

・死を目前にして自分も心にないことを言ってでも、残るものに対して意地をはってみたい。共感したので。(Yさん)

「死者に鞭打つようなことを書くな」式に叱られるかとも思ったんですが、意外とほとんどありませんでした。

●子供が嫌いだ(1×3 4/5)10=38pt

・いつまでも子供嫌いキャラでいてほしい。(Mさん)

 この「子供が嫌い」シリーズが、『マジでグリーン』への伏線となっていたわけです。

●『2nd W』感想文 (1×3 1/5)10=32pt

・ 『2ndW』がリリースされた当時、Wヲタの間では絶賛評が飛び交っていたが、私にはあのアルバムがWの魅力を表現しきったものにはどうしても思えなかった。それは自分のWへの愛情が不足しているが故の感触なのかもしれないとも思えたし、皆が喜んでいるところに水を注すだけになりそうだったので私はサイト上で言葉を紡ぐことができなかった。そしていくばくかの疎外感を感じていた。

そんな状況でドロップされたのがこの更新である。それはアルバムに対して私が抱いていた不満が自分では意識できなかった領域まで明文化されているだけでなく、誰かをクサすような悪感情とは無縁のもので、端整な語り口の中にも2人に対する愛情がしっかりと感じられるものだった。

正直 愚痴の一つも言いたくなるような展開が散見される今のハロプロ界隈にて、こういうテキストこそが真に必要とされるものだろうと感心した次第である。(TKさん)

この投票理由が、僕がこのテキストに関して自分では意識していなかった部分まで明文化されているだけでなく、愛情がしっとりと感じられる素晴らしいものなので、これ以上付け足すことはないのです。ありがとうございます!

●自動改札が閉じたときの攻略法 (1×3 1/5)10=32pt

・すごい。なんせ「自動改札が閉じたときの攻略法 」だ。そんなものに思い入れを持っている人などいない。また特別な知識の披露でもない。しかしだからこそ、実践の人であることや、Wへの愛情といった彼の特性を差し引いて、もっともプレーンな状態で宮本氏のテキストスタイルを堪能できるのがこの更新なのだと思う。とても自然にスルスルッと読め、内容が理解できる。それこそが文章というものの最上の価値であろう。実践の人たる彼の特性が読者に伝わっているのは、このような基本的テキスト力がその下地としてあってこそなのだと実感できる。そういう意味では最も九十九式らしい更新だと言えるかもしれない。(TKさん)

・その他、とくに印象深いのは「白い東京」「自動改札が閉じたときの攻略法」「大量破壊兵器はありませんでした」「巨像の思い出」など。(ttさん)

●犬がいなくなった日 (1×3 1/5)10=32pt

・なんか感情的な内容が心にきました。(Yさん)

●女系天皇の問題(1×3 1/5)10=32pt

・ぜんぜん知らない所でこんな勝手な議論がなされていたなんて!(niさん)

●巨像の思い出(1×3)10=30pt

・MSXヲタだから。(Nさん)

MSXの思い出については、意外と話が通じる人がいるということが分かったので、狭く濃く書いていきたいと思います。ファミコンなんざ知らねぇな!

 いかがでしたでしょうか。以上、『第3回九十九式テキスト大賞2005』の結果発表でした。2006年も、第4回ができるように精進して参りますので、おうえんよろしくお願いいたします! それでは皆様、ごきげんよう!


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (まだ評価されていません)
Loading...

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter